ヤフー 映画 ランキング サスペンス

無料動画サービスgyao!では、ドラマやアニメ、映画、音楽、韓国ドラマなど、エンタメ動画を無料でお楽しみいただけます。 本記事では、【サスペンス映画】洋画編おすすめランキング19選をご紹介します。サスペンスといってもミステリー要素やサイコクライム要素が含まれているものなどさまざま。今回は名作とともにランキング形式でおすすめ作品をご紹介していきます。 サスペンスなどではなく、パロディ満載のコメディ映画となっています。 少し古い作品なので、 昔映画が好きだった中高年世代だと、結構笑える内容です。 バカで下品な笑いが欲しい方、肩の力を抜きたい方なんかにおすすめの1本ですよ。 ユナイテッド93 近年ネットフリックスはなどで映画を見る人が増えてきました。そんな中でもハラハラドキドキのサスペンス映画は特に人気です。本記事ではサスペンス映画を2020年最新のものから洋画や今注目の韓国など。さらにはスリラーや脱出もの、大どんでん返しまで紹介いたします。, サスペンス映画は恐ろしいものと思われる方もいるかもしれません。元々サスペンスは宙吊りを意味する言葉で、現在は観客の心をドキドキハラハラの宙吊り状態にする作品のジャンルを意味する言葉として使われています。なので、確かに怖い印象を持つ人もいるでしょう。, しかし、映画において大事な要素は緊張と緩和。中にはその緩和の部分が強く、安心して見れる作品、コメディチックな作品などが数多くあります。そう、サスペンス映画は非常に多種多様なのです。, そこで今回はサスペンス映画の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。また、記事の最後には今注目のVODサービスであるネットフリックスにういても紹介します。是非ご覧になってください。, めくるめくサスペンス映画の世界はようこそ。サスペンス映画には非常に謎に満ち溢れています。本記事ではサスペンス映画を選ぶ時のポイントを紹介します。, サスペンス映画というのは国によって違いがでるものです。それはサスペンス映画がより国の文化や人柄を反映しているからでしょう。製作国はサスペンス映画を選ぶ上で非常に大切な基準です。, この世で最も巨額の予算が動き、数多くの大作映画を輩出している最先端の映画大国があります。説明不要でしょう。アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにあるハリウッドです。そう、ハリウッドの映画は最高なのです。, ハリウッドにかかればアクション、ホラー、SF、コメディなんでもござれと言わんばかりに面白い映画を次々と出しています。無論、サスペンス映画も映画史に残る衝撃的な作品から誰もが楽しめる大衆映画まで、非常に多種多様です。, 2019年の米国アカデミー賞は激動の年でした。なんとアカデミー賞の歴史において初めてアジア圏の映画が作品賞、監督賞、脚本賞を受賞したのです。それが韓国のサスペンス映画『パラサイト 半地下の家族』です。まさに前代未聞。今、世界が韓国を注目しています。, しかし、恐ろしいことに韓国は『パラサイト 半地下の家族』だけではないのです。アカデミー賞受賞は「韓国は面白い映画を作る」という映画好きの間でしか知られていなかった常識が、世界に知られてしまっただけなのです。今、韓国映画が一番熱いです。, アジアの映画圏において、韓国と人気を二分していると言っても過言ではないのが香港映画でしょう。元々イギリスの植民地であった香港は自由な気風の中で独自の映画技術を培ってきました。, そんな香港の得意ジャンルの一つが香港ノワールと呼ばれる香港の黒社会を舞台にしたサスペンス映画です。香港映画の特徴と言えばとにかく容赦のない展開でしょう。とにかく観客の感情を揺さぶることに特化した香港映画はまず間違いなく見る者に何か爪痕を残します。, サスペンス映画が上手い国と言えば中にはフランス映画を挙げる人も多いでしょう。フランス映画はフレンチノワールに代表されるようにフランスの気風を活かしたようなサスペンス映画が数多く存在します。, また、フランス映画において無視できないのがリュック・ベッソン監督の存在でしょう。ハリウッドからの評価も高いリュック・ベッソン監督は『ニキータ』『レオン』をはじめとした名作サスペンスを数多く手掛けました。, サスペンス映画を選ぶ時に我らが邦画の存在を欠かすことはできないでしょう。近年はガラパゴス化が進む邦画業界においてサスペンス映画が世界的に評価される機会には中々恵まれているとは言えません。, そんな邦画の魅力はなんといっても日本国民に向けて作られているということでしょう。ガラパゴス化上等。日本独自の魅力を熟成させているのが邦画なのです。また、近年は邦画を中心的におすすめする漫画が出てくるなど様々な注目のされ方をしています。, 映画のジャンルをサスペンスという一言で一括りにするのはあまりにも粗雑だと言わざるを得ないでしょう。ちゃんとサスペンスに向き合い少しずつ掘り進めていくとサスペンスには様々な分類があることがわかります。, スリラーは非常にサスペンスと近いものがある物語におけるジャンルの一つです。その多くはなんらか強大な敵の壮大な計画を、英雄的な主人公が捜査し、阻止するのが代表的なプロットです。, また、その行為の過程に暴力が用いられるのが多く、アクションサスペンスとも非常に近いジャンルです。中には政治的な要素を多く含む「政治スリラー」と呼ばれるジャンルもあります。とても人気で魅力的なジャンルです。, 人の狂気が生み出すサスペンスを主題にしたジャンルがサイコ・サスペンスです。人の狂気とは決して笑い飛ばせない身近に存在する恐怖であり、非常に感情移入のしやすいサスペンスジャンルです。, 韓国では特に「連続殺人鬼もの」と呼ばれる映画が非常に人気で、それもサイコ・サスペンスに分類されるでしょう。中には実話ものも存在し、非常にスリルに満ち溢れた映画ジャンルです。, 社会派サスペンスとはその名の通り社会的なテーマを取り扱ったサスペンスジャンルです。題材は犯罪やテクノロジー、資源問題など数多く存在しますが、近年時に注目されているのは貧困格差や人種差別でしょう。, そういった問題は特に注目されており、アカデミー賞でも主要賞を受賞したりなど、社会的関心が高いことがわかります。中には実話ものもあるので、映画という窓から多くの問題を学ぶことができます。, サスペンスジャンルにつきものなのが大どんでん返しでしょう。見ていた物語の真実があっという間に覆される快感は筆舌に尽くしがたいでしょう。しかし、問題は大どんでん返しの映画は大どんでん返しと報せる時点でネタバレになってしまうことでしょう。, そのため、非常におすすめしづらいジャンルではあります。しかし、間違いなく面白いジャンルです。中には大どんでん返しがあると知っていても楽しめる映画があるので是非探してみてください。, サスペンスとはそれなりに知性が要求されるジャンルです。中にはサスペンスを得意とするような映画監督も存在します。例えばフランスならばリュック・ベッソン。韓国ならばポン・ジュノ。香港ならばジョニー・トーでしょう。, サスペンスは半端な人が監督するとプロットが瓦解してしまい、おおよそ見れたものにはならないでしょう。それ故に、名の知られたサスペンス映画の名手が手掛けた作品を見るのは間違いなく一つの手でしょう。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51geT2gb31L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16235326%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16235326%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B084S1RVLK?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fgnxf-2553.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 黒人映画の名匠スパイク・リー監督による『ブラック・クランズマン』は黒人刑事がKKK(白人至上主義団体)に潜入するという衝撃の実話を基に描いたサスペンス映画です。これは、まさに今こそ見るべき映画ではないでしょうか。, 本作で描かれるのは白人至上主義団体を欺く緊張感と爽快感。非常にエンターテインメント的に演出されていると言えます。しかし、映画の最後に突きつけられる事実はこの映画で描かれる差別が何も終わっていないことを意味します。, [{"key":"監督","value":"スパイク・リー"},{"key":"主演","value":"ジョン・デヴィッド・ワシントン"},{"key":"サブジャンル","value":"実話サスペンス"}], 2時間半ちょい、あっという間でした。今年初、いい映画でした。自分の中でベスト5に入ります。アメリカの事情を詳しくしらないことで、ラストの過激な本物映像が出てぎょっとしました。ほんとうにこんな事してる白人たち。トランプ大統領もチラっと。ウマくかけないのですが、面白かった。もう一回みたい。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/61jsb9QnFyL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988102657291%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988102657291%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07BG7MWLN?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftower%2F4703572.html"}], サスペンス映画が必ずしも賢いとお思ったら大間違いです。海難救助隊の活躍を描いた映画『ベイウォッチ』は知能指数が3くらいしかない内容で毎年酷い映画に送られる映画賞ラジー賞で「ひどすぎて逆に大好きになったで賞」を受賞しました。, 主演は今最も人気がありInstagramのフォロワー数が日本の人口を越える男、ドウェイン・ジョンソン。非常に陽気でカラッとした海難救助サスペンス。ドウェイン・ジョンソンの笑顔のように眩しい一本です。, [{"key":"監督","value":"セス・ゴードン"},{"key":"主演","value":"ドウェイン・ジョンソン"},{"key":"サブジャンル","value":"海難救助"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51ltwfwxY0L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F5628439%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F5628439%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B079W34XSL?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Ffxxjc-14254.html"}], これほど衝撃的な映画も他にはないでしょう。あまりにも暴力的で刹那的。だからこそ誰の心にも残る。そう、それが『ファイト・クラブ』です。デヴィッド・フィンチャー監督による衝撃のサスペンス映画です。, この映画の先の展開を読める人はあまり多くは無いでしょう。どこまでも無軌道で暴力的。見る者の頬がぶっ叩かれるかのような衝撃。どんなに言葉を尽くしてもこの映画の魅力は語り切れません。百聞は一見に如かず。是非見て欲しい作品です。, [{"key":"監督","value":"デヴィッド・フィンチャー"},{"key":"主演","value":"エドワード・ノートン/ブラッド・ピット"},{"key":"サブジャンル","value":"ファイト・クラブ"}], 巧妙に張り巡らされた伏線に騙された爽快感も相当だが、この映画はそれで終わらない。どんでん返しを突きつけてなお壮絶なオチで観客をガツンと殴ってくるのがフィンチャー映画の見所。見終えた後に「すごいものを見てしまった」と呆然とし、しばらく頭の中で離れなくなります。一生モノの映画に出会いたい方にどうぞ。「どうだ、人生変わっただろ?」, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/517DEzFg5xL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988104122858%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988104122858%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07W2ZFR3W?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fy-sofmap%2F4988104122841.html"}], ついにハリウッドによってポケモンが実写化されました。それが『名探偵ピカチュウ』です。名探偵ピカチュウ役をデッドプールなどのライアン・レイノルズが演じて話題となりました。消えた父親と記憶を失くしたピカチュウの謎を追う映画です。, しかし、本作において最も注目するべきは実写に完璧に落とし込まれたポケモンの数々でしょう。特にピカチュウはふわふわのもちもちで見る者の心を一瞬で虜にします。オッサン声で話すのすら愛嬌。ポケモンへの愛が詰まった最高の実写化映画です。, [{"key":"監督","value":"ロブ・レターマン"},{"key":"主演","value":"ライアン・レイノルズ/ジャスティス・スミス"},{"key":"サブジャンル","value":"ポケモン"}], ポケモンの世界観を本当にリアルに描いてくれた作品に感じられました。ライアン.レイノルズのピカチュウのおっさん声が中々良かったです。オープニングからミュウツーの登場でワクワク感があがりますね。ピカチュウと主人公が絆を深めていく過程も見応えありました。大人が観ても親子で観ても御子様一人で鑑賞されても思いっ切り笑って楽しめるエンタメ作品だったと思います。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51+wrXEqPiL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-mediaroad%2F161871%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-mediaroad%2F161871%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0713PMSXK?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0018871827.html"}], 『ナイスガイズ!』はまさに現代に蘇った80年代映画と言っても過言ではないでしょう。80年代を舞台に自動車産業に隠された陰謀を探偵と殴り屋が追いかけます。と書くと非常にまじめな印象を受けるかもしれません。, しかし、本作の特徴はなんといっても様々なお約束を外しまくるエキサイティングなギャグコメディであるというところです。とにかくお腹がひきつりを起こすほど笑えるおすすめのサスペンスコメディ映画です。, [{"key":"監督","value":"シェーン・ブラック"},{"key":"主演","value":"ライアン・ゴズリング/ラッセル・クロウ"},{"key":"サブジャンル","value":"サスペンスコメディ"}], ライアン・ゴズリングといえば、寡黙な社会のはみ出し者が似合う役者というイメージがありましたが、妙に高い声で大の大人にあるまじき「キャー!」と悲鳴をあげるシークエンス、いままで数多くの映画を観てきましたがあんな笑える暴力シーンは記憶にありません。そこだけ何度も爆笑しながら見返してしまうほどでした。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51uLmy85EdL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Febest-dvd%2F0000001587011%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Febest-dvd%2F0000001587011%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B08151536K?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftower%2F4987194.html"}], 2019年、最も話題となったハリウッド映画は間違いなく『ジョーカー』でしょう。バットマンの宿敵として知られるジョーカーを主人公にした作品でしょう。アメコミとは到底思えぬリアルで重く、難解でありながら詩的な美しい映画となっています。, 一人の道化師の男がジョーカーへと変貌していく様を描いた本作。貧困と弱者に牙を剥く社会制度の穴など、社会性の高さは枚挙にいとまがありませんが、それを越えるサスペンスフルな緊張感と壮絶な爽快感がある衝撃の映画です。, [{"key":"監督","value":"トッド・フィリップス"},{"key":"主演","value":"ホアキン・フェニックス"},{"key":"サブジャンル","value":"アメコミ映画"}], 究極のヴィラン映画、悪役映画だと思う。これを作るために妥協しなかった監督と制作人に拍手。圧倒的な演技力なホアキン・フェニックスを見事にフォローして演出した監督と制作人に拍手。映画史に残る名演をしたホアキン ・フェニックスに拍手。狂気に堕ちた人間を演じるとはどういう事かを、凄まじい演技力で表現していると感じた。見ないなんて選択肢はなかった。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51xaCUizinL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0019060522%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0019060522%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07CHMSF3M?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fbixf-266-p12.html"}], サスペンス大国の韓国において人気のジャンルの一つは連続殺人鬼が登場する連続殺人鬼ものです。そんな連続殺人鬼大国である韓国から新たな連続殺人鬼映画が登場しました。それが『殺人者の記憶法』です。, なんと内容はアルツハイマーの元連続殺人鬼が娘のために現役連続殺人鬼に戦いを挑むという衝撃の内容。アルツハイマーの症状で虚実入り混じる演出で視聴者を欺き、非常にサスペンスな映画となっています。, [{"key":"監督","value":"ウォン・シニョン"},{"key":"主演","value":"ソル・ギョング"},{"key":"サブジャンル","value":"連続殺人鬼もの"}], 素晴らしい構成。アルツハイマーの本人を視点とするので、見ているこちらも何が真実かわからなくなるが、それがまたはらはらどきどきを生む。ありきたりな最後と思いきや二転三転。最後まで楽しませてくれる。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51AZwXfFguL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fes-toys%2F10781537%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fes-toys%2F10781537%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07F36S2Y2?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Ftcbd-762.html"}], 『ミッドナイト・ランナー』は警察学校を舞台にした青春サスペンス映画です。警察学校の仲良し二人組が女性が誘拐されるところを目撃したところから始まる青春コメディでありながらサスペンスフルで、それでいてノワールな作品です。, 本作はジャニーズの中島健人と平野紫耀でTVドラマとしてリメイクされたことで話題となった作品。非常に笑えて泣けてドキドキする、最後まで飽きさせない王道のサスペンス映画だと言えるでしょう。, [{"key":"監督","value":"キム・ジュファン"},{"key":"主演","value":"パク・ソジュン/カン・ハヌル"},{"key":"サブジャンル","value":"青春サスペンス"}], 韓国のパク・ソジュンの演技が凄かったので、アクションもコメディの表現が面白かったです。オススメしたいです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51xnN7h+34L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15532698%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15532698%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07DT7JMRS?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fvpxu-71628-p12.html"}], どんなことでも良質なエンターテインメント化するのが韓国映画の凄いところです。『ザ・キング』は腐敗した検察たちの泥沼の権力闘争を描いた作品。一見ドロドロしたような印象を受けるあらすじ。, しかし、本作は権力闘争に身を投じる検察たちの姿をノリノリに描いており、痛快なサスペンス映画となっています。泥沼なはずなのに、権力闘争のはずなのに、全く重さを感じさせない。それでいながら検察が腐敗する仕組みがよくわかる社会性の高い映画です。, [{"key":"監督","value":"ハン・ジェリム"},{"key":"主演","value":"チョ・インソン"},{"key":"サブジャンル","value":"権力闘争"}], かの名曲ClonのNanに乗せてスーツ三人組が魅せる弾けるダンスCMが印象的な2017韓国大ヒット映画の一つ ザ・キング功、転落、復活とダレない構成の良さとテンポの良さは乙なもんで。リュ・ジュンヨル演じるドゥイルとテスの友情には後半見ていて目頭が熱くなる。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/61h7TPgCkRL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ffelista%2F00001491259%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ffelista%2F00001491259%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0719TW378?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fkixf-4190.html"}], 『哭声/コクソン』を見るにはそれ相応の覚悟が必要です。國村準が恐怖のキーパーソンとなる本作は、まさに混乱と困惑、そしてあまりにも極上の恐怖の物語が綴られています。恐らくこの物語の全貌を把握している人はナ・ホンジン監督以外誰もいないでしょう。, ナ・ホンジン監督は『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノに並ぶサスペンスの名手。そんな彼が手掛けた恐怖の物語はまさに絶望そのもの。國村準はその恐怖の体現ぶりに権威ある韓国の映画賞を受賞。是非一度は見て欲しい一本です。, [{"key":"監督","value":"ナ・ホンジン"},{"key":"主演","value":"クァク・ドウォン"},{"key":"サブジャンル","value":"特定不可能"}], 監督は「チェイサー」のナ・ホンジン監督素晴らしいどんでん返しに見事にやられました!!祈祷シーンとそこから怒涛のラストへ続く場面は目が離せません。祈祷シーンはかつて見たことが無いほど凄い迫力です。よそ者の謎の日本人を演じるのはお馴染み國村隼さん。なんでもこの演技で韓国2大映画賞青龍賞助演男優賞を外国人初受賞したそうです。確かに怪演だ!!凄い!!!, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51QJDinm8xL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-tecc%2F10010216%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-tecc%2F10010216%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B002FHSDY6?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"}], 『チェイサー』はナ・ホンジン初監督作であるサスペンス映画です。娼婦ばかり狙う連続殺人鬼とそれを追うポン引きを描いた作品で、全編初監督作品とは思えぬほどの異様な緊張感に支配されています。, そんな本作は韓国で実際に起きた連続殺人事件を元にしており、リアルな緊張感が肌を伝い、見る者を恐怖させます。あまりにも王道で極上のサスペンス。並々ならぬ熱意で作られた脅威の連続殺人鬼映画です。, [{"key":"監督","value":"ナ・ホンジン"},{"key":"主演","value":"キム・ユンソク"},{"key":"サブジャンル","value":"連続殺人鬼もの"}], 良質のエンターテイメントを作る国だ。黴臭くて陰湿で雑多な空気が日本のありがちな警察や犯罪映画とは異質な味を醸し出している。役者の体当たり演技がわざとらしくなくていい。韓国の「熱」を感じる。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41d0CoLabuL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14949129%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14949129%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B071LFNFMM?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcxe-50768.html"}], 『アシュラ』ほど韓国の得意ジャンルであるバイオレンスが全力で発揮されている作品はないでしょう。主人公は市長の汚職を手伝う悪徳刑事が悪徳検事に脅され市長の弱みとなる証拠を探るよう命じられるサスペンス映画。, この映画の特徴は全員悪人であるということでしょう。悪人がより強権的な悪人に追い詰められ、ついには怒りを爆発させる。そんな並々ならぬ壮大なエネルギーに満ちた映画です。見たあとは健康になるんじゃないかと思わせるパワフルなバイオレンス映画です。, [{"key":"監督","value":"キム・ソンス"},{"key":"主演","value":"チョン・ウソン"},{"key":"サブジャンル","value":"バイオレンス"}], 悪が悪を食う徹底した食い合い、殺人描写含めて徹底した残酷な描写。全く救いのない最後。人間の嫌なところ、ずるい所をこれでもかと見せつける。人間の欲望とは計り知れない。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/516Bv3Mkb0L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbamp%2F178978-113%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbamp%2F178978-113%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B016ZF4S9C?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmediaroad1290%2Fy0178978-113.html"}], 香港映画ほど物語に対して容赦のない映画は存在しないでしょう。『八仙飯店之人肉饅頭』はマカオで実際に起きた事件を基にしたバイオレンスサスペンスです。そのあまりにも容赦のないゴアなバイオレンス描写で非常に熱いカルト的人気のある作品です。, 物語の倫理観も非常に酷く、老若男女問わず全く躊躇なく凄惨に殺されていきます。ここまでバイオレンスだとむしろ清々しさ感じるほど。口が裂けてもおすすめとは言えませんが、間違いなく一見の価値がある作品です。物語のテンポもよく疾走感のあるカルト映画です。, [{"key":"監督","value":"ハーマン・ヤウ"},{"key":"主演","value":"アンソニー・ウォン"},{"key":"サブジャンル","value":"実話バイオレンスサスペンス"}], 17、8年ぶりに観たのですが、やっぱり「凄い!」の一言です!エグさ、怖さ、アンソニー・ウォンの狂気に満ちた強烈な演技はどれも一級品で、特にエグさは現代の映画なんかどれも太刀打ち出来ないほど凄まじいです!個人的にはたくさんの方に観て頂きたいとは思うのですが、トラウマ必至の映画なので相当の覚悟は必要です。勇気のある方は是非‼, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/519R7CEIDnL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdoriem%2Fyb008mtjdke%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdoriem%2Fyb008mtjdke%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B008MTJDKE?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerothree%2Frbb008mtjdke08.html"}], 香港最高のアクションスターはハリウッドでも活躍しているドニー・イェンでしょう。そんなドニー・イェンが「普通の村人」を演じたことで話題となったのが『捜査官X』です。田舎の強盗が殺されたことで、金城武演じる捜査官がある一人の村人に疑いを持ちます。, そのドニー・イェン演じる村人は果たして村人なのか?それともカンフーの達人で殺し屋なのか?実際にカンフーを極めたドニー・イェンだからこそ成立カンフーミステリー映画です。また、作中のアクションもクオリティが高く非常に高水準の映画となっています。, [{"key":"監督","value":"ピーター・チャン"},{"key":"主演","value":"ドニー・イェン"},{"key":"サブジャンル","value":"カンフーミステリー"}], この映画でドニー・イェンを知ったのですが、とにかくカンフーが、はんばではなく圧巻です。太極拳をかじっていますが、ゆったり見える太極拳が実はこんなに激しいとは新たな発見です。カンフー映画としてはもちろん、ラブストーリーとしても一級品だと思います。芯の強さを秘めたタン・ウェイのかれんな美しさ。。雲南省の懐かしいような風景も郷愁を誘います。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51acQIiJV5L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16145598%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16145598%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B081KRBHVW?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4560245143734.html"}], 『ドラッグ・ウォー 毒戦』は香港の巨匠ジョニー・トーによるクライムサスペンス映画です。中国の公安警察による潜入捜査ををひたすらドライに描いた本作。非常に緻密に考え抜かれた脚本が見る者に極上のスリルを与えます。, 公安警察のプロフェッショナルな仕事と麻薬密売組織の反撃。どちらも一歩引かない攻防が非常にドキドキした興奮を生みます。本作は去年、韓国でリメイクされ観客動員500万人の大ヒットとなりました。鋭い切っ先のような面白さ。名監督の技を感じさせる作品です。, [{"key":"監督","value":"ジョニー・トー"},{"key":"主演","value":"スン・ホンレイ"},{"key":"サブジャンル","value":"クライム"}], この作品、犯罪者と刑事が手を組み潜入捜査をします。普通のこの手のコンビでは、最終的に和解・融合してチームワークで解決するものですが、この作品、お互いを心の奥では信用していないため、いつ裏切るか裏切られるかの緊張感もあります。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51hW7xCngoL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fes-toys%2F10475771%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fes-toys%2F10475771%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B06ZZNKZB9?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988003845254.html"}], 『ビースト・ストーカー/証人』は捜査中に少女を誤って殺めてしまった刑事が、誘拐された双子の少女を救うために命を賭して奔走するサスペンス映画です。一方、少女を誘拐した男は寝たきりの妻を抱えており、お金を稼ぐために少女を誘拐したのでした。, これほどサスペンスフルな映画はないでしょう。全編異常な緊張感に満ちており、話がどちらへ転がり落ちるか全く予想がつきません。息が詰まり、拳を握りしめる程強烈な緊張感があるが故にどの映画よりも間違いなく面白い壮絶な完成度の映画です。, [{"key":"監督","value":"ダンテ・ラム"},{"key":"主演","value":"ニコラス・ツェー"},{"key":"サブジャンル","value":"ノワール"}], 主演のニコラス・ツェーが凄くよかった。完全にハマり役だと思います。ストーリーは苦く、苦しく…だが、人と人との間に芽生える優しさが描かれている。ダンテ・ラム監督の作品は哀しみに満ちているが、人間をあきらめていない。私はそこに、惹かれてやまない。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51C3rkXSqkL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15638117%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15638117%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07H4SQ94X?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ffelista%2F00001514990.html"}], 『SPL 狼たちの処刑台』ほど衝撃的な映画はないでしょう。香港映画特有の非常さ非業さを容赦なく発揮しているサスペンス映画です。タイで誘拐された娘を救い出そうと奔走する父親の姿が描かれています。, 本作は香港電影金像賞でアクション監督賞を受賞するなど凄まじいアクションを見れるのが特徴ですが、やはりその因果を感じさせる容赦のないストーリーが一番魅力的です。とにかく何もかもが壮絶で強烈。他にはない視聴体験ができる作品です。, [{"key":"監督","value":"ウィルソン・イップ"},{"key":"主演","value":"ルイス・クー"},{"key":"サブジャンル","value":"香港ノワール"}], 今作は...切ないドラマでした。それも痛烈で胸が痛む切ないもの。父の娘にしてしまった良かれ...が悔やみとなり、関わる全ての人の背に、じっとりと重くのし掛かります。溜め息しか零れません。あまりに切ないです。でも、どうにもならない小市民の溢れる感情のたぎりのようなものが、切々と語られ、小さな思いが集い、そして戦いに転換されます。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51r3Z0TQSiL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkobaco-003%2Fb00392oqew%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkobaco-003%2Fb00392oqew%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00392OQEW?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fyu-yu-stoa%2Fsvb00392oqew2h.html"}], 『エレクション~死の報復~』は三合会の権力闘争を描いたサスペンス映画です。選挙制で決まる黒社会の掟に沿って進むあまりにも壮絶な権力闘争を非常にドライかつスリリングに描いています。, ジョニー・トーの巨匠としての手腕が遺憾なく発揮された大名作です。ハードな展開がひたすら淡々と描かれており、それでいながら心をかき乱すほど面白い。全くもって唯一無二の完璧なサスペンス映画です。, [{"key":"監督","value":"ジョニー・トー"},{"key":"主演","value":"ルイス・クー/サイモン・ヤム"},{"key":"サブジャンル","value":"権力闘争"}], 邦画やハリウッド映画にあるような、ホッとするものはない。汚いところを上手に隠して、喉の奥で感じるような甘さは完全に排除されている。いい意味でも、悪い意味でも、容赦のない香港黒社会が、独特の映像で表現されている。香港映画は独特のジャンルであり、トーはある意味で唯一無二の監督だ。私は益々の香港映画の繁栄を祈ってやまない。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51KdoEYO2mL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15408707%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15408707%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B06ZY5L8HQ?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fgabsx-1723.html"}], 『ピープル誌』で2018年最もセクシーな男に選ばれた俳優。それがイドリス・エルバです。そんな彼が主演を務めた映画『フレンチ・ラン』はまさに王道を地で行く暴力サスペンス映画です。, テロが発生したパリを舞台に、CIAのアウトローと天才スリ師がバディを組んで巨大な陰謀の隠された事件に挑みます。92分という程よい尺のなかで、バイオレンスとサスペンスが矢継ぎ早に展開する傑作サスペンス映画です。, [{"key":"監督","value":"ジェームズ・ワトキンス"},{"key":"主演","value":"イドリス・エルバ"},{"key":"サブジャンル","value":"アクション"}], 全く期待しないで何となく視聴したらかなり面白かった。主役二人のキャラ設定も分かりやすいし、ストーリーも変にひねくれてなくて単純明快。アクションもテンポがよくて爽快感もあって、それでいて独創的な動きも色々してて飽きない。上映時間が90分ってのも娯楽作には最適だと思う。この時間だとダラダラした無駄な時間稼ぎのシーンが無いのでサクッと楽しめる。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51THsA1GsOL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0001238701%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0001238701%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0088LBXE0?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerothree%2Fjdb0001wtu3ut1.html"}], 『キス・オブ・ザ・ドラゴン』はリュック・ベッソン制作脚本、ジェット・リー主演のサスペンス映画です。麻薬取引を巡る中国の警官とフランスの悪徳刑事の戦いを描いた作品で、リュック・ベッソンならではのロマンチズムとジェット・リーのカンフーが炸裂します。, 麻薬捜査というサスペンス展開を軸に子供を人質にとられた娼婦などエモーショナルな展開も満載です。さらにカンフーの達人として知られるジェット・リーの超絶アクションも見ごたえのあるおすすめの映画です。, [{"key":"監督","value":"クリス・ナオン"},{"key":"主演","value":"ジェット・リー"},{"key":"サブジャンル","value":"カンフー"}], とにかくジェットリーのカッコよさがこれでもかと言わんばかりに詰まった作品です。リュックベッソンの描く爽快なアクションの裏に少し影がある感じが、パリの美しい街並みといい感じにマッチしてます。これをきっかけにリーの作品を色々観ましたがやはりこれが圧倒的に一番いいです, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51e67ZEsllL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdvdoutlet%2F4988142051417-3%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdvdoutlet%2F4988142051417-3%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B079W2S7HR?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0011138866.html"}], サスペンスアクションの定番と言えばやはりリーアム・ニーソン主演の『96時間』でしょう。フランスパリを舞台に娘を誘拐された元CIAのエージェントのブライアンが己のスキルを駆使して誘拐犯をぶちのめす痛快サスペンスアクションです。, この作品はとにかく強すぎるリーアム・ニーソンの存在感。元々演技派だった名優ですが、この作品で完全にバトルアクションおやじとして覚醒。即断即決で悪を叩きのめす最高のアクションを演じました。, [{"key":"監督","value":"ピエール・モレル"},{"key":"主演","value":"リーアム・ニーソン"},{"key":"サブジャンル","value":"サスペンスアクション"}], 脚本、役者、監督が良いとアクション映画はこうも素晴らしくなるのかと驚きました。腕っ節の強さだけでなく知性ある行動が元工作員という設定に深みを与えていると思いました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51aAl0t8hDL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurugaya-a-too%2F9619952-1%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurugaya-a-too%2F9619952-1%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00B8IOUAY?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerotwo-men%2Fzqb000ygfpncbd.html"}], リュック・ベッソンの代表作にして、映画史に残る名作と言えばやはり『レオン』でしょう。殺し屋レオンと家族を失った少女マチルダの奇妙な共同生活と復讐を描いたロマンチックサスペンス映画です。, リュック・ベッソンらしい耽美な物語とロマンチックで刹那的な二人の関係性。どれをとってエモーショナルで美しい映画です。映画を見終わった時、あなたは間違いなく涙を流すでしょう。おすすめのサスペンス映画です。, [{"key":"監督","value":"リュック・ベッソン"},{"key":"主演","value":"ジャン・レノ/ナタリー・ポートマン"},{"key":"サブジャンル","value":"ロマンチックサスペンス"}], 監督、主演の三人全員の最高傑作ではないでしょうかあまりにもこの作品が良すぎた為、この作品以降作られた作品、主演した作品が霞んでしまうほど強烈なインパクトを残した作品。10代、20代、30代と、どんな年齢になって見ても色あせない作品です。まさにクラシック!, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/518cWk2eW3L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988021714792%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988021714792%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01KL6W8J8?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fvanda%2Fvap-vpxt-71041.html"}], 日本に社会現象級のヒットを及ぼした漫画『DEATH NOTE』の実写映画は原作と勝るとも劣らないクオリティで非常に評価の高い作品です。原作のキャラクター、設定はそのままに実写映画の尺に見事落とし込んみ、中には原作を越える評価を得ているシーンもあります。, 叩かれがちな漫画原作の実写化映画ですが、本作はその高いクオリティから一般層のみならず、熱いファンからも支持されています。人を殺すことができる死神のノートを拾った少年と名探偵の熱い頭脳戦が楽しめる傑作サスペンス映画です。, [{"key":"監督","value":"金子修介"},{"key":"主演","value":"藤原竜也"},{"key":"サブジャンル","value":"漫画原作"}], かれこれ、14年も前の映画なのに好きで観てしまう映画の1つです。なぜか、疲れている時やぼ~~と映画を観たいときに、フッと観てしまう映画です。映画公開当時、かなりの話題作になり、起用された俳優さんたちのハマり具合に感動した事を覚えています。特に、『L』役は私の中ではビックリするぐらい、ハマっていました笑。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51ALfCIzZxL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkobaco-003%2Fb01czmqqv2%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fkobaco-003%2Fb01czmqqv2%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01CZMQQV2?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4907953067769.html"}], 『残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋―』ほどじわじわと心を蝕むような底なしの恐ろしさがある映画はないでしょう。一つの部屋の物音の調査からはじまり、じわじわと芋づる式に明らかになる穢れの歴史。まさに恐怖のサスペンス・ホラーです。, ジャンプスケアと呼ばれる人をワッと驚かせるような演出は一切なく、ただただそのおぞましい設定だけで人を恐怖のどん底へと叩き落とします。ひたすら秀逸な脚本と恐怖を味わえるおすすめの映画です。, [{"key":"監督","value":"中村義洋"},{"key":"主演","value":"竹内結子"},{"key":"サブジャンル","value":"サスペンスホラー"}], 呪怨などのホラーを期待されてる方にはオススメしません。ミステリーのように心霊現象を追っていき、元になる怪談に辿り着く。じわじわした怖さがあると思います。原作も先に呼んでますが、期待を裏切らない内容でした。稲川淳二を好きな人にははまると思います。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51J2EoZ7l7L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fbstd-20139%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fbstd-20139%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07G78Q67D?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftower%2F4771147.html"}], 『孤狼の血』は2018年に公開されたバイオレンスサスペンス映画で、その年の日本アカデミー賞を総なめにしたことで話題となりました。暴対法施行前の広島を舞台にヤクザを取り締まる刑事とその若手の相棒の暴力に彩られた関係性を描いた作品です。, 現在バイオレンス映画が衰退しつつある日本で昭和の全盛期のような鮮やかなバイオレンス描写を叩きだし、そのサスペンスフルな描写は見る人を最後まで釘付けにするでしょう。間違いなく邦画でおすすめできる強烈なサスペンス映画です。, [{"key":"監督","value":"白石和彌"},{"key":"主演","value":"役所広司/松坂桃李"},{"key":"サブジャンル","value":"バイオレンス"}], 映画館にも見に行きましたが、見返したくて購入しました。また、今の時代にはなかなか作れなくなっている激しい描写に限界まで挑戦していて、目を覆いたくなるシーンも多いですがその分見応えあります。主演の役所さんの演技がハンパないです。それに食われる事なく応えられる松坂さんの演技も必見です。, 近年、映画を見る手段をDVDやBlu-rayの購入やレンタルより、VODサービスの利用がメインとなりつつあります。VODサービスとは月額を払うことによってその月だけ映画が見放題となるサービスです。, その中でも特におすすめなのがNetflixです。洋画邦画アジア映画問わず豊富なコンテンツ数を誇り、また自社製作のオリジナル映画はアカデミー賞を受賞するなど質が高く、VODサービスの中では一番人気です。, 【2020年最新版】Netflixで本当に面白いおすすめ映画・ドラマ・アニメ27選|おすすめexcite, サスペンス映画がこれほど人気を得ているのはそれだけ人の根源的な面白さに訴えるジャンルだからでしょう。謎に次ぐ謎。緊張感のある展開。これほど奥が深いジャンルは他にありません。サスペンス映画を一度見れば、決して目が離せなくなるでしょう。.

彼と続ける 別れる 占い 生年月日, 仕事 便利 ツール, ドラクエタクト 2ch まとめ, 猫 ケージカバー 作り方, ときわかねなり コナン 天国へのカウントダウン, 高校化学 大学化学 違い,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です