ベース コード 押さえ方

コードの押さえ方. ベースはコードにあまり馴染みのない楽器です。特に初心者で、コードがよくわからない方は多いと思います。, しかし、ベースコードは「覚える」のではなく、「理解する」ことを推奨します。なぜならば、ベーシストとしての表現が格段に上がるようになるからです。, この記事では、初心者が知るべきベースの役割や、コードについてを解説していきます。そして、ベーシストが理解するべき大事なポイントと、簡単なベースコードの押さえ方について紹介します。, まず、ベースの役割について解説をしていきます。それは、コードの中で一番低い音である、ルート音を弾くことです。なぜならば、低い音は、迫力や安定感、躍動感をもたらすことができるためです。下記の音声は、ルート音を弾いたものです。, 様々な音楽の中で、ベースがいないことはあまりないです。ベースという名前の通りに、「曲の土台」になることが求められる重要な楽器なのです。, それは、「高さが異なる音の組み合わせ」のことで、別名を和音といいます。ポピュラー音楽は、12個の音の中から組み合わせています。, そして、コードを知る上では、ドレミファソラシドをCDEFGABCに変換して覚えます。下記のピアノの鍵盤で確認してください。黒鍵は、#(=シャープ)または♭(=フラット)する音になります。これは、同じ音ですが呼び名が変わります。, 左側の低音から右側の高音に向かっていく場合は、CC#DD#EFF#GG#AA#Bと読んでいきます。, 逆に右側の高音から左側の低音に向かっていく場合は、CBB♭AA♭GG♭FEE♭DD♭となります。, このように、12個の音があります。これらの音の名前を、「音名」といいます。下記の図は、ベース指板での音名の配列になります。, まとめると、コードとは「高さが異なる音の組み合わせ」のことです。これは、12個の音の中から組み合わせたものです。, コードにはメジャー・マイナーがあります。それはコードの響きが「明るい」か「暗い」かの違いになります。下記の音声は、ギターでのメジャー・マイナーコードです。, メジャー・マイナーコード以外にも様々なコードがあります。しかし、この2つのコードが理解を深める上で、すごく大事なってきます。, このように、メジャー・マイナーは、コードの響きが「明るい」か「暗い」かの違いになります。, 暗号みたいで非常にとっつきにくいですね。まず、ベーシストはコードの先頭のルート音だけを見ましょう。, ベースは単音弾きが主ですが、コードも弾くことができます。このベースコードは、暖かみのあるサウンドが特徴です。下記のコードは、適当に弾いてみました。, しかし、使い所を選びます。様々な音の中で、コード弾きをしてしまうと、曲にまとまりがなくなってしまいます。, なぜならば、他の音とぶつかってしまうからです。そのため、音数が少ないところでの使用をおすすめします。, このように、ベースコードは、暖かみのあるサウンドが特徴です。しかし、使い所を選びます。, CDEFGABの音名を1234567と数字に変換します。これを「度数」と言います。またはディグリーネームとも呼びます。, 逆に、3度がマイナーの場合のみ、「m」と表記され、7度がマイナーの場合は表記されません。, このような解釈になります。初めはだいぶ混乱しますが、見方に慣れてくれば、他のコード解析も早くなります。, そして、先ほどのメジャー・マイナーコードを決める要素は、この3度の音で決まります。, コードにより、ベースの動ける範囲が決まります。よって、選択肢が明確になり、ベースラインのアプローチがしやすいです。, 例えば、マイナーコードを強調したい場合は「マイナー3度を多く使おう」と入った具合です。, コードの構成が理解できていれば、コード譜といわれる、コードのみの楽譜で演奏できます。ベーシストで、譜面を見ながら演奏している方は、大体このコード譜です。, またジャムセッションで、最初にコード進行を決め、その流れに沿って自由に演奏することもできます。, 手の届く範囲で、「ルート➕3度」「ルート➕5度」「ルート➕3度➕7度」など、いろいろ試して作ることができます。, このように、度数が理解できれば、ややこしいコード名に振り回されずに、理解が深まり、表現の幅が飛躍的に広がります。, ベースコードの形を覚えても、本当の意味で使えません。そこで、実践的な方法を紹介します。, ベースで最も大事なのは、ルート音です。そこで、ある程度の音名を覚えるコツがあります。それはオクターブ音を覚えることです。, このように決まった音の間隔があります。もちろん、この間隔は他の音名も一緒です。ここまで把握できれば、あとは応用です。, 特に、横移動のオクターブは覚えにくいです。ポジションマークを確認しながら、練習の際に習慣化すると、体に入っていきます。, このように、ルート音の場所の把握のコツは、オクターブ音の位置間隔を身に付けることです。, このように、ブロックにして考えていくとわかりやすいです。3度は、コードの方向性を決めるという性質があります。そして、メジャー・マイナーコードに左右されない5度は、使い勝手のいい度数です。7度はコードに繊細さを与えます。, ベースの低音は、コードフォームの音程を下げると、濁った感じになってしまう性質があります。この音程の限界のことを、ローインターバルリミットといいます。, 今回は、コードにおけるベースの役割や、ベースコードについての知識を解説していきました。これらの理解が深まることにより、ベーシストとしての表現の幅が格段に上がります。まとめると以下の通りです。, Copyright © 2020 初心者のためのエレキベースの知識 All rights Reserved. セーハを攻略!. また逆に、ネックを裏側から支えるように、親指を下げたほうが押弦しやすい場合もあります。. TAB譜の見方; コード表の見方 ... ホーム 1 / 分数コード(オンコード)表 2 / 分数コード「G」の押さえ方. var mejsL10n = {"language":"ja","strings":{"mejs.install-flash":"\u3054\u5229\u7528\u306e\u30d6\u30e9\u30a6\u30b6\u30fc\u306f Flash Player \u304c\u7121\u52b9\u306b\u306a\u3063\u3066\u3044\u308b\u304b\u3001\u30a4\u30f3\u30b9\u30c8\u30fc\u30eb\u3055\u308c\u3066\u3044\u307e\u305b\u3093\u3002Flash Player \u30d7\u30e9\u30b0\u30a4\u30f3\u3092\u6709\u52b9\u306b\u3059\u308b\u304b\u3001\u6700\u65b0\u30d0\u30fc\u30b8\u30e7\u30f3\u3092 https:\/\/get.adobe.com\/jp\/flashplayer\/ \u304b\u3089\u30a4\u30f3\u30b9\u30c8\u30fc\u30eb\u3057\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.fullscreen-off":"\u30d5\u30eb\u30b9\u30af\u30ea\u30fc\u30f3\u3092\u30aa\u30d5","mejs.fullscreen-on":"\u30d5\u30eb\u30b9\u30af\u30ea\u30fc\u30f3","mejs.download-video":"\u52d5\u753b\u3092\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9","mejs.fullscreen":"\u30d5\u30eb\u30b9\u30af\u30ea\u30fc\u30f3","mejs.time-jump-forward":["1\u79d2\u9032\u3080","%1\u79d2\u9032\u3080"],"mejs.loop":"\u30eb\u30fc\u30d7\u5207\u308a\u66ff\u3048","mejs.play":"\u518d\u751f","mejs.pause":"\u505c\u6b62","mejs.close":"\u9589\u3058\u308b","mejs.time-slider":"\u30bf\u30a4\u30e0\u30b9\u30e9\u30a4\u30c0\u30fc","mejs.time-help-text":"1\u79d2\u9032\u3080\u306b\u306f\u5de6\u53f3\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u300110\u79d2\u9032\u3080\u306b\u306f\u4e0a\u4e0b\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u4f7f\u3063\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.time-skip-back":["1\u79d2\u623b\u308b","%1\u79d2\u623b\u308b"],"mejs.captions-subtitles":"\u30ad\u30e3\u30d7\u30b7\u30e7\u30f3\/\u5b57\u5e55","mejs.captions-chapters":"\u30c1\u30e3\u30d7\u30bf\u30fc","mejs.none":"\u306a\u3057","mejs.mute-toggle":"\u30df\u30e5\u30fc\u30c8\u5207\u308a\u66ff\u3048","mejs.volume-help-text":"\u30dc\u30ea\u30e5\u30fc\u30e0\u8abf\u7bc0\u306b\u306f\u4e0a\u4e0b\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u4f7f\u3063\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.unmute":"\u30df\u30e5\u30fc\u30c8\u89e3\u9664","mejs.mute":"\u30df\u30e5\u30fc\u30c8","mejs.volume-slider":"\u30dc\u30ea\u30e5\u30fc\u30e0\u30b9\u30e9\u30a4\u30c0\u30fc","mejs.video-player":"\u52d5\u753b\u30d7\u30ec\u30fc\u30e4\u30fc","mejs.audio-player":"\u97f3\u58f0\u30d7\u30ec\u30fc\u30e4\u30fc","mejs.ad-skip":"\u5e83\u544a\u3092\u30b9\u30ad\u30c3\u30d7","mejs.ad-skip-info":["1\u79d2\u5f8c\u306b\u30b9\u30ad\u30c3\u30d7","%1\u79d2\u5f8c\u306b\u30b9\u30ad\u30c3\u30d7"],"mejs.source-chooser":"\u30bd\u30fc\u30b9\u306e\u9078\u629e","mejs.stop":"\u505c\u6b62","mejs.speed-rate":"\u901f\u5ea6\u7387","mejs.live-broadcast":"\u751f\u653e\u9001","mejs.afrikaans":"\u30a2\u30d5\u30ea\u30ab\u30fc\u30f3\u30b9\u8a9e","mejs.albanian":"\u30a2\u30eb\u30d0\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.arabic":"\u30a2\u30e9\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.belarusian":"\u30d9\u30e9\u30eb\u30fc\u30b7\u8a9e","mejs.bulgarian":"\u30d6\u30eb\u30ac\u30ea\u30a2\u8a9e","mejs.catalan":"\u30ab\u30bf\u30ed\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.chinese":"\u4e2d\u56fd\u8a9e","mejs.chinese-simplified":"\u4e2d\u56fd\u8a9e (\u7c21\u4f53\u5b57)","mejs.chinese-traditional":"\u4e2d\u56fd\u8a9e (\u7e41\u4f53\u5b57)","mejs.croatian":"\u30af\u30ed\u30a2\u30c1\u30a2\u8a9e","mejs.czech":"\u30c1\u30a7\u30b3\u8a9e","mejs.danish":"\u30c7\u30f3\u30de\u30fc\u30af\u8a9e","mejs.dutch":"\u30aa\u30e9\u30f3\u30c0\u8a9e","mejs.english":"\u82f1\u8a9e","mejs.estonian":"\u30a8\u30b9\u30c8\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.filipino":"\u30d5\u30a3\u30ea\u30d4\u30f3\u8a9e","mejs.finnish":"\u30d5\u30a3\u30f3\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.french":"\u30d5\u30e9\u30f3\u30b9\u8a9e","mejs.galician":"\u30ac\u30ea\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.german":"\u30c9\u30a4\u30c4\u8a9e","mejs.greek":"\u30ae\u30ea\u30b7\u30e3\u8a9e","mejs.haitian-creole":"\u30cf\u30a4\u30c1\u8a9e","mejs.hebrew":"\u30d8\u30d6\u30e9\u30a4\u8a9e","mejs.hindi":"\u30d2\u30f3\u30c7\u30a3\u30fc\u8a9e","mejs.hungarian":"\u30cf\u30f3\u30ac\u30ea\u30fc\u8a9e","mejs.icelandic":"\u30a2\u30a4\u30b9\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.indonesian":"\u30a4\u30f3\u30c9\u30cd\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.irish":"\u30a2\u30a4\u30eb\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.italian":"\u30a4\u30bf\u30ea\u30a2\u8a9e","mejs.japanese":"\u65e5\u672c\u8a9e","mejs.korean":"\u97d3\u56fd\u8a9e","mejs.latvian":"\u30e9\u30c8\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.lithuanian":"\u30ea\u30c8\u30a2\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.macedonian":"\u30de\u30b1\u30c9\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.malay":"\u30de\u30ec\u30fc\u8a9e","mejs.maltese":"\u30de\u30eb\u30bf\u8a9e","mejs.norwegian":"\u30ce\u30eb\u30a6\u30a7\u30fc\u8a9e","mejs.persian":"\u30da\u30eb\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.polish":"\u30dd\u30fc\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.portuguese":"\u30dd\u30eb\u30c8\u30ac\u30eb\u8a9e","mejs.romanian":"\u30eb\u30fc\u30de\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.russian":"\u30ed\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.serbian":"\u30bb\u30eb\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.slovak":"\u30b9\u30ed\u30d0\u30ad\u30a2\u8a9e","mejs.slovenian":"\u30b9\u30ed\u30d9\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.spanish":"\u30b9\u30da\u30a4\u30f3\u8a9e","mejs.swahili":"\u30b9\u30ef\u30d2\u30ea\u8a9e","mejs.swedish":"\u30b9\u30a6\u30a7\u30fc\u30c7\u30f3\u8a9e","mejs.tagalog":"\u30bf\u30ac\u30ed\u30b0\u8a9e","mejs.thai":"\u30bf\u30a4\u8a9e","mejs.turkish":"\u30c8\u30eb\u30b3\u8a9e","mejs.ukrainian":"\u30a6\u30af\u30e9\u30a4\u30ca\u8a9e","mejs.vietnamese":"\u30d9\u30c8\u30ca\u30e0\u8a9e","mejs.welsh":"\u30a6\u30a7\u30fc\u30eb\u30ba\u8a9e","mejs.yiddish":"\u30a4\u30c7\u30a3\u30c3\u30b7\u30e5\u8a9e"}}; ¦æ‰‹ã®ã‚¹ãƒˆãƒ¬ãƒƒãƒã‚’してからやるようにしましょう! まずはコードの読み方を知っておきましょう。 /* */, 3度がマイナーの場合のみ、「m」と表記され、7度がマイナーの場合は表記されません。, https://bassist-bar.com/wp-content/uploads/2019/12/ベースルート、良-20191216-21.22.mp3, https://bassist-bar.com/wp-content/uploads/2019/12/ギターマイナー・メジャー-20191216-22.56.mp3, https://bassist-bar.com/wp-content/uploads/2019/12/ベースコード2-20191216-22.43.mp3. ギターを始めたばかりの初心者の方が、まず覚えるべきコードの押さえ方にはどんなものがあるでしょうか?アコギでもエレキでも、主要なコードを覚えれば簡単な楽曲を演奏することができます。今回は初心者が覚えるべき基本のコードの押さえ方をご紹介します。 /* ]]> */ ´ç¿’用の楽譜(タブ譜)も用意しているので特に初心者さんがパワーコードをガッツリとマスターしたいなら必見ですよ! ョン違いまで含めると数千種類に及びます。 片っ端から覚えていくというのは、現実的ではありません。 まずはよく使う調(キー)ごとに主要三和音(スリーコード)をひとまとめにして覚えていくのが良いでしょう。 DやAなど、コードによっては親指をネックの上に出して握ったほうが押さえやすいこともあります。. 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); ピックの弾き方や、フレットの押さえ方などは以前に紹介しましたね。 その他に意外とおろそかになりがちなのが ネックの握り方とベースを持つ位置の高さです。 ネックの握り方. ピアノやギターのコード一覧表に比べると、ベースのコード一覧表は、それほど見る機会は多くないでしょう。ベースのコードの内容を理解している人には、これから先も必要のないものかと思います。しかし、ベースのコードのことを、まだよく分かっていない人には、大いに役立つでしょう。 指板上だけでなく、親指の位置にも注目していろいろと試してみましょう。. を見たことありませんか? これをコードネームといいます。そして、アルファベットがルート(Root)と呼ばれるものです。 ルートはベース指板上の音名と一致します。 曲に合わせて弾くには、コードの変わり目でルートをしっかり弾くことが大切です。 タイミングよくルートを押さえることで、曲に合わせて弾けるようになります。 いました。今は、tab譜をつかって猛特訓中です!私は今までアコギをやっていたので、コード進行しか載ってない楽譜がたくさんあります。そこで、それを使って 音楽やってると避けては通れないコード。聞いたことあるけどよくわかんないんだよねってなるのがコードで、レッスンを受講する生徒様からもよく質問をいただきます。そんな理屈知らなくても音楽は感性でしょ!って、そんなのはもったいないんです。知れば音楽が見えてくる。今回は初心者のためのコード講座です。ベース片手に読めばわかりやすいですよ。 ベース持っている時「なんか弾いてよ」と言われ固まってしまった ¦æ‰‹ã§æŠ¼ã•ãˆã‚‹ï¼“音のうちの真ん中、つまり(上から数えても下から数えても)2音目に真ん中のドがくるように意識しましょう、という意味です。 C(ドミソ)の場合 F(ファラド)の場合 D(レファ♯ラ)の場合 和音の中に、ドが含まれていない場合でも、同じく2音目がドの近所にくるよう意識します。 F♯(ファ…

Mavic Mini プロペラガード デメリット, ターミネーター:ニュー フェイト ネタバレ ジョン, あつ森 名前 英語, 兵庫県 人口 推移, 富田望生 父親 死因, Osmo Pocket Hdmi出力, ファンケル えんきん Cm 女優, 埼玉 県蕨 ニュース,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です