リチウムイオン電池 熱暴走 メカニズム

0000005315 00000 n 0000010218 00000 n endstream endobj startxref 0000386372 00000 n 0000388169 00000 n %%EOF リチウムイオン電池の発熱メカニズム については、これまでに電解液や活物質の酸化分解反応等、諸説提案されていますが、詳細は未だに解明さ れていません。 0000003884 00000 n 0000020956 00000 n 421 0 obj <>stream 0000395551 00000 n 0000387496 00000 n 11 ごべるにくす APR. xref 0000023035 00000 n 0000004170 00000 n 0000395838 00000 n 0 0000004888 00000 n リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策; リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策 * 本セミナーは開催済みです。再開催のご要望があれば、お知らせください。 再開催を希望 cmcリサーチセミナー では、なぜそんな物を使うのだろう? それはリチウムイオンバッテリーのエネルギー効率が信じられないほど高いからだ。企業が膨大なエネルギーをその小さなパッケージに詰め込むことで、スマートフォンもノートPCも1日中使えるようになった。 初めて商用化された充電式リチウムイオンバッテリーは、約25年以上前にソニーのハンディカムで使われたものだという。現在では世界中に何十というバッテリーサプライヤーが存在する。リチウムイオン電池は非常に成熟したテクノロジーなのだ。 しかし … 2017 No.47 ごべるにくす APR. 0000021140 00000 n 充放電を行う際には、セパレータをリチウムイオンが少しずつ通り抜けることで反応が進みます。. リチウムイオン電池発火のメカニズム(原理)には、大きく分けて、機械的な要因がトリガー(きっかけ)となる場合と電気的な要因がトリガーとなる場合に分けられます。. 0000017559 00000 n 196 0 obj <> endobj 0000016880 00000 n 0000438045 00000 n 0000045496 00000 n 0000004776 00000 n 0000412790 00000 n h�bbd```b``� "o�ɕ �AD2]���j��"�`5`����a{� ��`Y��l:�d�6a;�m V�̶��9`ۃ�"�`v���$���M �o� ��� �W�la���(߷��j�����&FF���aK�g`d� ` �� リチウムイオン電池は携帯機器の電源として広く使用さ れている。近年これら高性能のリチウムイオン電池を電気 自動車やその他の大型機器に用いるための研究が開始され はじめた。しかしながら,このような用途には,リチウム 自動車用リチウムイオン電池の熱暴走発生方法の調査. 0000011542 00000 n 0000018701 00000 n 0000003116 00000 n 0000002061 00000 n 0000003290 00000 n リチウムイオン蓄電池の内部は正極側と負極側を別々の電解液で満たしており、それをセパレータという仕切りで分けています。. 0000010488 00000 n 0000017445 00000 n 電池の大容量化に伴い,安全機構に求められる耐性などへの課題も顕在 化しつつある リチウムイオン電池の熱暴走(発火)メカニズム例と恒温器の安全機能 (1) リチウムイオン電池が発火に至るメカニズム例を図1 に示す.発火に至るには何らかの電池温度を上 0000386930 00000 n Investigation of Thermal Runaway of Lithium-Ion Batteries for Vehicles ��es����@�� ��K�Hn4��j���;�_��~�p$堙R>i�s�+5��08�㮈�~����: d�&�һ�á+I�����7��=imF��x&��0����r/�h���%�� �G�BU2n������U %�NWo!��4 g�P�������+����t*��ܔRZ�i��u���Ὢ\e=u'�?��:AP�k1>��t{&g����\N��¸��s�@%h�g�.���?W8�ΣM��B'�h�o�xD�(�Ɯ�e!�Fm/ؔ�3 �Tѷ�cS�Z� �0��1~H� �%Z��JP������l�����n���-z� ����n(Z�>V��'�q�Kl�T�L�c�s���d$ � efv2�N�}. 0000021299 00000 n リチウムイオンバッテリーが発火、爆発したという話をご存知ですか。リチウムイオンバッテリーは私たちの身近なところにもある一般的な電池ですが、発火や爆発といった事故が世界中で起きています。今回はリチウムイオン電池のしくみと危険性、発火させない方法をご紹介します。 0000396449 00000 n 0000020691 00000 n 第1部 リチウムイオン電池の熱暴走の要因と対応策 (10:30~12:30) リチウムイオン電池の安全性の基礎と概要; リチウムイオン電池実用化の経緯と安全性の関係 �cq�:$�������^��� _�TؼL��s��lg����'���b���� ��ă����K�ǿ-�����"�$&JȨY�3�������+d�Ň#&���υ�a:,B�����z����ӣ�w�8����0��4t��8�o#���"|��QÂc���1T5>��.EL3C�6i�QQ쵁3�g`��wM7��3d�-y%P%���ag0�a��k���F������� C)(Vº7*սG~�W��K�Wa�3�a��9�g��e����qV6aLw�F({�L��/�Z� 0000005342 00000 n 0000045988 00000 n 0000017017 00000 n startxref 281 0 obj <>stream %PDF-1.4 %���� 0000075084 00000 n �#w`A��/�Q�b�_��pR�i�/f� !���vRĮH�\V�N�Q�!i�i��i�(���Di���A2��t>H5a��+p�эI'�\d�*�fӇ���r{�� �=�r;lj9e������J���$���:�n4=�abB��ø��׺�>��6�q���!�?��S+���l{l�x����\�ފdz�Dn��Q�t��. 0000344519 00000 n 0000387428 00000 n 2017 No.47 12 Technical ReportCリチウムイオン二次電池の過充電状態における発熱解析 リチウムイオン二次電池の過充電状態における発熱解析 Technical ReportC 第6図 抵抗分離(ナイキストプロット) 第9図 発生ガスのGC分析結果 0000386210 00000 n 0000000016 00000 n 0000342598 00000 n 0000015242 00000 n 0000026889 00000 n endstream endobj 344 0 obj <>>>/Filter/Standard/Length 128/O( �j*\)57���o7�8�$���_ϿpAiF���)/P -3392/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(�\)o�օQt\\"X�� )/V 4>> endobj 345 0 obj <>/Metadata 22 0 R/OpenAction 346 0 R/Outlines 33 0 R/PageLayout/OneColumn/Pages 341 0 R/StructTreeRoot 100 0 R/Type/Catalog>> endobj 346 0 obj <> endobj 347 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/XObject<>>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 348 0 obj <>stream ��! 0000004313 00000 n テムといった大型のリチウムイオン電池の開発も近年精力的に行われています。大型用途には、従来の 小型二次電池よりも高出力・高容量といった高性能化と熱暴走阻止や長寿命化といった高安全化の両立 に関連して幾つも技術的課題が残っています。 リチウムイオン電池の熱暴走メカニズムは,温度80°C以上になると緩やかであるが黒鉛負極と電解液が反応し,140°Cを越えるとセパレータがメルトダウンして前面短絡に至る。 約200°CでLiCoO2正極が熱分解し,電解液を激しく燃焼させる。 0000027055 00000 n など電池内部で起こる化学反応を理解し、劣化機構を明らかにすることが重要であ る。リチウムイオン電池には電極反応に重要な役割を持つ有機電解液が用いられて いるが、実用電池のみならず開発中の電池においても電解液の分解挙動については 0000396002 00000 n 0000014594 00000 n 0000025995 00000 n 0000014818 00000 n Keyword:リチウムイオン電池,安全性規格,安全性試験,内部短絡,熱暴走 68 年報 6 NTTファシリティーズ総研レポート No.25 2014 年月 釘刺し試験 強制内部短絡試験 Blunt Nail試験 まず、機械的な要因がトリガーの場合のリチウムイオン電池発火のメカニズムについて解説します。. 343 0 obj <> endobj きた。本稿では,リチウムイオン電池の基本構成と熱暴走メ カニズムについて紹介するとともに,Si 系負極や硫黄系正極, 耐熱性セパレータなどを組み合わせて電池を作製することで, -20~80 ℃の幅広い温度範囲で充放電することができ,か 0000388929 00000 n 0000005288 00000 n 0000438084 00000 n 0000015602 00000 n 0000027253 00000 n 熱暴走が発生するメカニズムの1つは、リチウムイオン蓄電池の本体自体が物理的に破損することです。. 0000386278 00000 n リチウムイオンバッテリーの熱 ... itri は、2006 年に台湾政府によるサポートの下、従来の安全材料とは異なるメカニズムでlib 異常時の熱暴走 ... lib は有機電解液を使用しているため、電池の誤使用による熱暴走が起こると発火の恐れが生じます。 0000023345 00000 n 0000026063 00000 n 0000021208 00000 n 終的に熱暴走、発火に至る。 ショート部に非常に大きな電流が流れ、大きく発熱する。 (1)機械的な原因 ・セル不良 ① ② ③ リチウムイオンバッテリーの安全性 0000026575 00000 n リチウムイオン電池は、その優れた特徴により民生用分野において需要が拡大しており、さらに、高エネルギー化、高性能化の進展とともに各種電気自動車 (xEV) や電力貯蔵の基盤技術として社会インフラ構築にも欠かせないものとなってきた。 0000009480 00000 n 0000387401 00000 n リチウムイオン電池が異常発熱や発火を起こす現象は「熱暴走」と呼ばれている.熱暴走は,なんらかの きっかけにより電池内部の特定部材が発熱,その発熱がさらに他の部材の発熱を引き起こし,電池温度の上昇が続くこ とで起きる. %%EOF 0000015877 00000 n 0000019599 00000 n 196 86 0000027321 00000 n リチウムイオン電池の主な発熱反応として、低温側から (1)負極による電解液の還元反応 (2)電解液の熱分解 (3)正極上での電解液の酸化反応 0000013643 00000 n 0000017159 00000 n <<9532207B57440C409AB05447A3782C71>]/Prev 1403836>> 382 0 obj <>/Encrypt 344 0 R/Filter/FlateDecode/ID[<529F5246CC4C774B9F653537D6E022DB>]/Index[343 79]/Info 342 0 R/Length 161/Prev 599672/Root 345 0 R/Size 422/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream trailer 第1部 リチウムイオン電池の非安全へと至るメカニズムと安全性向上対策 リチウムイオン電池は電気自動車を中心に今後飛躍的に市場が拡大するとの経済予測がある。しかし、工業製品としての安全性は十分とはいえず、毎年、発火の可能性がある電池のリコールがなされている。 熱暴走 内部短絡 外部短絡 過充電 過放電 加熱(基板からの発火による) 上記複合要因 放熱 温度低下 圧力解放 20 libが熱暴走にいたるプロセス 0000412507 00000 n Keyword:リチウムイオン電池,釘刺し試験,内部短絡,熱暴走 図1 熱暴走の模式図 図2 JIS C8714の強制内部短絡試験 正極と負極の反応 正極と電解液の反応 負極と電解液の反応 正極の分解 負極の分解 電解液の分解 熱暴走 温度上昇のトリガー 時間 電池温度 0000387248 00000 n 0000018562 00000 n %PDF-1.6 %���� 0000387590 00000 n 0000389135 00000 n 0000009453 00000 n 0000021024 00000 n ITRIは、2006年に台湾政府によるサポートの下、従来の安全材料とは異なるメカニズムでLIB異常時の熱暴走を抑え込む革新的な材料STOBA (R)を世界で初めて開発し、2009年には米国R&D100 Awardを獲得 … 0000012667 00000 n 0 0000388461 00000 n 0000026252 00000 n 0000479604 00000 n 0000023497 00000 n �}�}�SNCWF��am����z���W�9! 0000012640 00000 n 物理的なメカニズム. 正極にコバルト酸リチウム(LiCoO2)を使用している電池で、1991年に世界で最初に商品化された最もスタンダードなリチウムイオン電池です。 しかしながら、原材料であるコバルトが高価であり、熱暴走の危険があることからモバイル機器を中心に使用されています。 文献「製品の品質と安全性を支える信頼性評価試験 リチウムイオン電池の熱暴走メカニズムと高安全性技術」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。 0000004026 00000 n 0000395975 00000 n 0000003334 00000 n リチウムイオン電池は、プラスチックリサイクル工場における第一段階である「ベール解砕機」や「破袋機」の刃によって、リチウムイオン電池が押し潰されて、ショート・発火し、周囲にあるプラスチックに着火してしまうことがあります。 0000020378 00000 n 0000012517 00000 n Online ISSN : 1884-3409 Print ISSN : 0915-1869 ISSN-L : 0915-1869 0000388628 00000 n 0000002979 00000 n リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集 電池内部で劣化はどのように起きているのか、 各部材の構造や状態はどう変化しているのか そのメカニズムや要因を明らかにすることが、 高性能な電池、部材開発につながる! 0000388601 00000 n 0000388997 00000 n リチウムイオン電池が熱暴走(破裂・発火)につながるメカニズムの詳細についてはこちら で解説していますが、主に「電池内部での短絡」「電池外部での短絡」「過充電」などの発生により、電池が発熱し、熱暴走にいたる可能性がでてきます。

栄 ランチ 肉, 川口市 ドラッグストア 24時間, ブサイク 美容院 男, 絶品 パウンドケーキ レシピ, ドライフルーツ パウンドケーキ しっとり, 国連本部 移転 いつ, サンエー 沖縄そば 郵送, メイン ディッシュ 簡単レシピ, 石垣島 西表島 フェリー, マイケルコース メンズ 評判, 渋谷 映画 鬼 滅 の刃 予約,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です