女子 フィギュア 坂本

35: 依岡礼子 • 06: 武田奈也 • 坂本 花織(さかもと かおり、英語: Kaori Sakamoto, 2000年4月9日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル種目)。兵庫県神戸市出身。血液型はB型。シスメックス所属。神戸学院大学(経営学部)在学中。マネジメントはIMG TOKYO。, 主な実績に2018年全日本選手権優勝、2018年平昌オリンピック個人戦6位・団体戦5位各入賞、2018年四大陸選手権優勝、2017年全日本選手権2位、2017年スケートアメリカ2位、2017年世界ジュニア選手権3位、2016年ジュニアグランプリファイナル3位など。, 神戸市立渚中学校、神戸野田高等学校を卒業して神戸学院大学に在学中。きょうだいは姉が2人いる。, 2003年のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』で主人公の姉がフィギュアスケート選手だったのを見て興味を持ち、4歳でスケートを始めた[1]。, 特技は水泳と長距離走。憧れの選手は鈴木明子で、ライバルとして同じく神戸市出身で1つ年上の三原舞依の名前を挙げている。性格は負けず嫌い、明るい、面白い。フィギュアスケート界では珍しい「お笑いキャラ」で、ボケとツッコミが激しく、誰かがボケたのをすぐに拾ってツッコむ[2]。演技後のガッツポーズもフィギュア選手の中では珍しい[3]。, 2012-2013シーズン、全日本ノービス選手権Aクラスで優勝し、招待選手として初出場となった全日本ジュニア選手権で9位となった。2013年3月には初めての国際大会である2013年トリグラフトロフィーに出場し、2位となる。2013年4月に日本で開催された世界国別対抗戦のエキシビションに全日本ノービスA優勝者として招待され演技を披露した。, 2013-2014シーズンからジュニアクラスに移行し、アジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝する。ISUジュニアグランプリシリーズに初参戦し、JGPチェコスケートに出場し6位となった。全日本ジュニア選手権では6位に入り、ジュニア招待選手として初出場となった全日本選手権では15位に終わった。チャレンジカップではジュニアクラスで優勝した。, 2014-2015シーズン、日本開催であるJGPメ~テレ杯に出場し7位となる。全日本ジュニア選手権ではSP4位からFSで3位となり、総合で樋口新葉に続く2位に入った。全日本選手権では6位に入り、世界ジュニア選手権の代表に選出された。初出場となった世界ジュニア選手権ではSPで4位につけ、FSで6位となり総合6位に入った。, 2015-2016シーズン、アジアフィギュア杯のシニアクラスに出場し3位に入る。JGPリガ杯では、SP・FSともにパーソナルベストを更新し2位、続くJGPコペルニクススターズでは4位となった。全日本ジュニア選手権では5位となる。全日本選手権では13位となり、リレハンメルユースオリンピックでは6位に入った。4月18日には須本光希とともに台湾選手権にゲスト出演し、FSを披露した。, 2016-2017シーズン、JGPサン・ジェルヴェで2位、続くJGP横浜で優勝しJGPファイナル進出を決めた。初出場のJGPファイナルでは銅メダルを獲得した。全日本ジュニア選手権では初優勝を飾った。4度目の出場となった全日本選手権では7位となり、世界ジュニア選手権の代表およびアジア冬季競技大会の補欠に選出された。アジア冬季競技大会では宮原知子がケガで欠場となり、補欠として繰り上がり出場の予定であったが、インフルエンザのため欠場となった。2回目の出場となった世界ジュニア選手権では、SP・FSともにパーソナルベストを更新して銅メダルを獲得した[4]。, 2017-2018シーズン、SPの3本のジャンプを基礎点が1.1倍となる後半に固め、FSでも7本中5本を後半に飛ぶ高難度の構成に挑戦。シニア国際大会デビュー戦となったアジアフィギュア杯で優勝。ISUチャレンジャーシリーズのUSインターナショナルクラシックでは、SP・FSともにミスが出て4位。全日本選手権の出場を目指す近畿選手権で、参考記録ながら自身初の200点超えとなる201.15点を獲得して優勝した。ISUグランプリシリーズに初参戦し、ロステレコム杯ではFSにミスが出て5位となる。続くスケートアメリカでは、SPはスピンで僅かなミスが出るも自己ベストを更新し2位、FSではミスなくまとめ自己ベストを大きく更新し2位につけた。トータルでも210.59点を獲得し、ISU公認大会初の200点越えを果たし2位表彰台と大きな飛躍を遂げた大会となった。平昌オリンピックの代表選考がかかった全日本選手権ではSPで自己ベストとなる73.59をマーク。大会3連覇中であった宮原知子を抑え首位発進となる[5]。最終滑走で迎えたFSでもほぼノーミスで演技を終え、大会4連覇達成の宮原に次ぐ総合2位に。それまで五輪代表有力候補とみられた樋口新葉や三原舞依らをかわして、平昌オリンピック・女子シングル日本代表2枠を、優勝の宮原と共に勝ち取った[6]。同じく初選出された四大陸選手権では、同じ日本代表の宮原・三原を抑え初優勝を飾った[7]。, 平昌五輪・団体戦はFSに出場した。冒頭のコンビネーションジャンプにミスが出たが、後半のジャンプでリカバリーするなどで本領発揮。しかし思うように得点が伸びず5位、日本代表も前大会と同じく総合5位に留まった[8]。 49: 加藤好子 • TEL:03-3820-0831. 91: 小岩井久美子 • スメックス)が75・60点で首位発進を決めた。 2013: 浅田真央 • 2010: 浅田真央 • 84: 青谷いずみ • 55: 虫明百合 • 1936-1940: 稲田悦子 • 2007: キミー・マイズナー • 50-51: 饗場奈々 • 1968-1971: 山下一美 • 1953-1954: 山下艶子 • 個人戦のSPでは、後半に集めた全てのジャンプ決め、ステップ、スピンでもレベル4を獲得するなど完璧な演技を見せ、自己ベストを更新する73.18点で5位発進[9]。FSでは、終盤での3回転ループの着氷でバランスを乱したものの、それ以外は大崩れせずにまとめて6位。総合でも堂々の6位入賞を果たし、シニア1年目で初のオリンピックは、目標の一桁順位を大きく上回る健闘を見せた[10]。演技後「次は自信を持って臨めると思います。4年間やりこんでパーフェクトにしたいです」と4年後を見据えた[11]。[12], 初戦のロンバルディア杯やジャパンオープンで満足のいく演技ができず、不安が残る中でグランプリシリーズを迎えた[13]。1戦目のスケートアメリカでは、SPでノーミスの演技をし、71.29で2位発進。フリーでも大きなミスなく滑り切り、142.61を記録し総合でも213.90で2位で初のファイナル進出へ好発進を切った。しかし、2戦目のフィンランド大会ではSPの冒頭の3回転フリップ-3回転トゥループの3回転フリップで転倒、演技後半の3回転ループで3回転トゥループを付け、リカバリーを試みるもそれでも転倒をしてしまい57.26で7位と大きく出遅れた。巻き返しを狙ったフリーでは、3回転ルッツのエッジエラー以外はほぼノーミスの演技を披露し140.16を記録する。総合では197.42で3位となり、見事に2大会連続の表彰台を記録。この結果により、自身初のグランプリファイナル進出を決めた。迎えたグランプリファイナルではSPでほぼノーミスの演技をし、70.23で4位に発進。逆転表彰台を狙ったフリーでは、演技後半の3連続ジャンプのセカンドジャンプでバランスを崩し、サードジャンプを付けるも転倒した。それでもフィンランド大会の記録を超える141.45を記録し、総合では211.68を記録し4位に入った。, 12月に行われた全日本選手権ではSPで自己ベストとなる75.65をマークして2位につけると、前年と同じ最終滑走で迎えたFSでも自己ベストの152.36をマーク。ノーミスの演技で総合228.01を叩き出し、4連覇中だった宮原知子、グランプリファイナル覇者の紀平梨花らをかわして初めて全日本女王に輝いた[14]。, 2019年2月、連覇のかかった四大陸選手権では、SPで自己ベストの73.36点を叩き出し2位につけるも、FSで得点源の3連続ジャンプが抜けるミスを犯し、総合では206.79点の4位に終った[15][16]。, 2月21日、神戸野田高等学校を卒業し4月から同じ神戸市内の神戸学院大学へ進学した[17]。, 初優勝を目指した世界選手権では、SPで76点を超える高得点を叩き出しアリーナ・ザギトワに次ぐ2位につけたが、FSで後半の3回転フリップが1回転に抜けるミスがあり5位まで順位を落とす。それでも自己ベストを更新した。, 日本チームの二連覇がかかった国別対抗戦で、SPではノーミスの演技を披露し世界選手権で出した自己ベストをさらに上回り3位となるが、FSは前半の3回転フリップや3回転ルッツで着氷が乱れ、ステップでもレベルを取りこぼすなど細かいミスが目立つ。それでも再び自己ベストを更新し3位。日本チームでは銀メダルで二連覇を逃した。, 初戦のネペラ杯では2位に入ったものの納得のいく演技ではなかった。さらに、9月ごろに痛めた左足首が完治しない中でグランプリシリーズを迎えることとなった。1戦目のスケートアメリカでは、SPで大きなミスなく滑り2位発進となるがFSで、3回転のフリップとサルコウが2回転になるなどのミスがあり、総合では200点を超えるスコアをマークしたが4位と表彰台を逃し、2年連続のファイナル進出は厳しくなった。2戦目のフランス杯では、SPで2回転アクセルを転倒し64.08点で6位と出遅れる。巻き返しを狙ったFSは、大きなミスなく滑りきるも、3つの3回転ジャンプで回転不足を取られて135.16点で4位。総合でも199.24点で4位と、2年連続のファイナル進出は叶わなかった。連覇を狙った全日本選手権はSPで僅かなミスが出るものの69.95点で3位につける。しかし逆転を狙ったFSでは、5つのジャンプが回転不足となるほか演技全体に乱れが出て7位。総合は188.26点でシニア転向後ワーストの6位となり、連覇と3年連続の表彰台を逃した。それでも過去の実績が評価されて四大陸選手権の代表に選出された。その前に行われた冬季国体では、FSで4回転トゥループに初挑戦して転倒したもののその他はミスのない演技で非公認ながら225.95点で自己ベストを更新した。そして1週間後の四大陸選手権では SPで3回転ループで着氷が乱れたものの、演技構成点は全体トップとなるなどシーズンベストの73.07点で4位発進。迎えたFSでは冒頭の4回転トゥループがダウングレード判定で転倒し、フリップジャンプでステップアウトするなどミスが続いて129.72点、総合では202.79点で5位となったがシーズンベストを更新した。, アクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができる。コンビネーションでは、3回転ルッツ-3回転トゥーループ、3回転フリップ-3回転トゥーループ、3回転トゥーループ-3回転トゥーループ、2回転半アクセル-3回転トゥーループを飛ぶものの、ルッツジャンプを苦手としておりエラージャンプとして減点されることがある。また、本人によればサルコウジャンプが苦手としている。, 幅・高さ・着氷後の流れがあるダイナミックなジャンプを得意としており、多くの加点を期待できる。また、トリプルアクセルを試合で組み込む構想についても言及している[2]。, 1999: タチアナ・マリニナ • 1950: 稲田悦子 • 2000: 中野友加里 • 2012: アシュリー・ワグナー • 1960: 上野純子 • 69: 清瀬邦子 • 2009: 金妍兒 • ³ã¶ã‚¸ãƒ£ãƒ³ãƒ—を武器に突如、彗星のごとく現れた坂本。 63: 峰松早苗 • Copyright(C) 2009 TOKYO-SPORTS, All Rights Reserved. 2005: 村主章枝 • 05: 澤田亜紀 • 2011: 安藤美姫 • 2020/12/10 - Pinterest で 高瀬莉奈 さんのボード「坂本花織」を見てみましょう。。「坂本, フィギュアスケート, 女子フィギュア」のアイデアをもっと見てみましょう。 58: 大岩洋子 • 2015: ポリーナ・エドモンズ スメックス)が10日、神戸市内で… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。 2004: 太田由希奈 • 73: 足土英子 • 61-62: 中島典子 • 2018: 坂本花織 92: 井上怜奈 • 2017: 三原舞依 86: 伊奈恭子 • 〒135-8721 東京都江東区越中島 2-1-30 65: 北野真知子 • 1994: 横谷花絵 • 83: 伊藤みどり • 1966-1967: 大川久美子 • 19: 河辺愛菜, フィギュアスケート四大陸選手権で紀平梨花が逆転初V 三原舞依は3位、坂本花織は4位|ニフティニュース, https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK20048_X21C20A0000000?s=6, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=坂本花織&oldid=80755214. 09: 村上佳菜子 • ングル フリー | 2020nhk杯フィギュア特設サイト|nhk 13 コメント 2020-11-28 17:55 NHKオンライン 2020NHK杯フィギュアは11月27日(金)~29日(日)開催。 2013: 鈴木明子 • 77: 飛松郁子 • 48: 中止 • ア勢も上回り、坂本花織が今季女子最高点! 「トータルパッケージ」の時代がやってきた? »ã®ãƒ•ãƒªãƒ¼ã§229.51を叩き出した坂本花織選手。「出せるものは全部出せたと思います… 【フィギュアNHK杯】女子SP 坂本花織が首位発進!「やっと試合だなって感じがした」, 【フィギュア】ロシア杯 男女ともにロシア勢が逆転優勝 女子・トゥクタミシェワ 男子・コリャダ. 66: 藤本歌子 • 56: 金子恵以子 • 2014: 村上佳菜子 • 1959: 福原美和 • 94-96: 荒川静香 • 2002: ジェニファー・カーク • 85: 浅沼まり • 14-15: 樋口新葉 • 2008: 浅田真央 • 1935: 東郷球子 • 88-89: 佐藤有香 • 1955-1958: 上野純子 • 39: 佐藤登美代 • 71: 渡部絵美 • 1997-1998: 荒川静香 • 90: 井上怜奈 • 17: 紀平梨花 • 47: 饗場奈々 • 1947: 丹羽芳子 • 40-46: 中止 • 1995: 伊藤みどり • 10: 庄司理紗 • 2019-2020: 紀平梨花, 1934: 稲田悦子 • 1996: 村主章枝 • スメックス所属。神戸学院大学(経営学部)在学中。マネジメントはIMG TOKYO。 2006-2009: 浅田真央 • 57: 吉原とき子 • 1981: 吉田万里子 • 75: 金妙実 • 2006: ケイティ・テイラー • 1961-1965: 福原美和 • 36: 鯱美佐子 • 1980: 小林れい子 • 79: 伊藤みどり • 2014-2017: 宮原知子 • 1999: 椎名千里 • 18: 横井ゆは菜 • 78: 水原宏美 • 13: 本郷理華 • 60: 田村直子 • 1933: 稲田悦子 • 1952: 月岡芳子 • 2003: 村主章枝 • 64: 石川洋子 • 2003-2004: 安藤美姫 • 2016: 宮原知子 97: 金沢由香 • 76: 伊藤順子 • 01-03: 安藤美姫 • 1954: 工藤久子 • 34: 中村衣子 • 1984-1991: 伊藤みどり • 82: 堀林久乃 • 68: 小林幸子 • 98-99: 椎名千里 • 2005: 村主章枝 • ングルのハイライトを8K映像と22.2chの立体音響でご覧ください。 2018: 坂本花織 • 1953: 美土路耀子 • フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズNHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)の女子フリーが28日に行われ、ショートプログラム(SP)で首位発進していた18年平昌五輪代表の坂本花織(20=シスメックス)が153・91点をマーク。SPとの合計229・51点でGP初制覇を成し遂げた。, ノーミスでフィニッシュすると、氷上の真ん中で両手を突き上げた。キスアンドクライで得点が出ると、自ら拍手して大喜び。優勝という最高の結果を自ら祝福した。, 試合後、坂本は「出せるものは全部出せたと思います。やるべきことはしっかりできて満足しています」と自己評価。さらに「お客さんの前で滑るっていうのがこんなにも楽しいもんなんだっていうのを改めて感じた。やっぱり無観客よりお客さんがいてくれた方が楽しい」と笑顔をはじかせた。, この会場では2年前に逆転で全日本女王に輝いた。「同じことが起きればいいなとちょっと思っていた」とゲンのいいリンクで、再び思い出を刻んだ。今後に向けて「ノーミスならこんなに(点が)出るんだと実感できた」と話し、「230点は超えられる」とも口にした。, なお、2位はフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷した樋口新葉(19=明大)、3位は松生理乃(16=中京大中京高)となった。, 最優秀選手賞(MVP)は新日本プロレスの内藤哲也(38)が3年ぶり3度目の受賞を果たした。, お笑い事務所「タイタン」×「東スポ」のコラボ第81回。タケタリーノと日里のeスポーツ対決、第6種目は「エキサイトバイク」だ!, かつて平成のプロ野球は熱く、激しく、面白かった! 新型コロナウイルスの感染拡大でプロ野球が休業に追い込まれている今こそ、震災や台風にも屈しなかった平成の戦いとドラマを思い出そう。, 新型コロナウイルスの脅威にさらされ、社会が萎縮するばかり。タレント、スポーツ選手はこの状況をどうとらえ、対処しているのか?, 女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!, 18〜30歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!, 誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!, 東京スポーツ 2019: 紀平梨花, ※ 開催年は年度 1934-65年度は翌年1-4月、1966-81年度は同年11-12月、1982-96年度は翌年1月、1997年度以降は同年12月に開催された。, 1932: 平岡露子 • 80: 川上智子 • スメックス、神院大)が三つのジャンプを全て成功させ、75・60点で首位発進した。 74: 井口えり • 07: 水津瑠美 • 1983: 加藤雅子 • 70: 大橋美和子 • 81: 浅沼まり • 1982: 小沢樹里 • 04: 浅田真央 • 37-38: 生田艶子 • 2010: 安藤美姫 • 87: 柏原由起子 • ョートプログラム(sp)で、坂本花織選手が75.60点で首位発進した。スポニチアネックスが報じている。 08: 今井遥 • 1992-1993: 佐藤有香 • 1972-1979: 渡部絵美 • 67: 酒井正子 • 2011-2012: 浅田真央 • 72: 藤木久代 • 【フィギュアNHK杯】女子優勝は坂本花織「出せるものは全部出せた」 2020å¹´11月28日 19時53分 ノーミス演技で優勝した坂本(代表撮影) 2000-2002: 村主章枝 • 1946: 月岡芳子 • 2000: アンジェラ・ニコディノフ • フィギュアスケートの注目選手情報(女子)です。フィギュアスケートを楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。 59: 村上由希子 • 11-12: 宮原知子 • 93: 横谷花絵 • 16: 坂本花織 • 52: 本多久子 • 2001: 村主章枝 •

米粉 レシピ ケーキ, 二宮 ドラマ 医者, どう 思 われ た占い, 犬 リーダーと認め させる, フォートナイト Ps4 操作, Only スーツ 既製品, 子犬 初日 から元気,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です