日産 ルークス ハイウェイ スター ターボ

日産が、「デイズルークス」から車名を変更しフルモデルチェンジした軽自動車「ルークス」を発表しました。 新世代とし魅力をアップする日産新型ルークスについて、スペックや価格などを最新情報から … テスト形態:ロードインプレッション やっぱりすごい&カッコいい!! Photo:ハイウェイスター ターボ(2WD)。ボディカラーはホワイトパール(3P)〈#SLN・特別塗装色〉。 主な装備; エクステリア; インテリア; 運転席まわり; 主な装備. 在庫あり | 日産 デイズルークス 660 ハイウェイスター Xターボ 2019年式 0.7万km チタニウムグレーM 4名人乗り 2WD ガソリン(レギュラー)車。(販売店舗:日産プリンス福島販売) Yahoo! 日産 ルークス ハイウェイスター ターボのカスタム・ドレスアップに参考となる写真や動画を表示しています。ルークス ハイウェイスター ターボのホイール、エアロ、マフラーの取付の参考にしよう! 参考燃費:12.1km/リッター(満タン法)/13.2km/リッター(車載燃費計計測値), ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。, 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】, ブランド一覧はこちらこの記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント, トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ, フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。. 日産が販売する、「デイズ ハイウェイスター」と「デイズルークス ハイウェイスター」。この2車種はどのような車なのかを詳しく掘り下げ、人気グレードのgターボとxの違いやターボ機能について解説。新車購入時の値引きや中古車価格についても調査しました。 ルークス(日産)の中古車を2,314台掲載中。ルークスの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。ルークスの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。 デイズルークス・ハイウェイスターで、高速道路を安定して走ろうと思えば、ターボは必要ではないでしょうか。 xターボ購入で損をしないために. 在庫あり | 日産 デイズルークス 660 ハイウェイスター ターボ 2015年式 5.7万km パールホワイト 4名人乗り 2WD ガソリン(レギュラー)車。(販売店舗:日産サティオ埼玉) Yahoo! 車名:日産 ルークス ハイウェイスター ターボ 型式:DBA-ML21S 車検: 走行距離:108,000km(実走行) 修復歴:有り JAPANの中古車情報サイト(carview!)だから安心。 モーター最大トルク:40N・m(4.1kgf・m)/100rpm 車重:1000kg クロカン四駆の王様 新型ランクルの最終情報! 日産 CREE社製 T16 58連 爆光 LED バックランプ ホワイト 純正交換type P-603 リーフ ルークス ルークス ハイウェイスター ターボ 即決 2,500円 ウォッチ 2016年12月改良型 ハイウェイスター x vセレクション. 日産 日産ルークス (スマートシンプルハイブリッド) ハイウェイスター gターボ プロパイロットエディション 660cc(b45a)cvt ff ターボ 評価: 4.0pt 平均燃費:16.19km/L 年明け2021年号の開幕となった1/10号。今号の集中BIG特集は「日本車Best40 2020年末最新版」です!. 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1780mm ホイールベース:2495mm 車重:1000kg 2014年2月販売型 ライダー ブラックライン. タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ブリヂストン・エコピアEP150) お支払総額には、『車両本体価格+登録諸費用』が含まれます。 日産 ルークス ハイウェイスター ターボのカスタム・ドレスアップに参考となる写真や動画を表示しています。ルークス ハイウェイスター ターボのホイール、エアロ、マフラーの取付の参考にしよう! JAPANの中古車情報サイト(carview!)だから安心。 日産ルークス(roox)の公式サイト。各種グレードの価格や燃費、ボディカラーなど、グレードごとのスペックをご確認いただけます。また、オーテック(autech)による新型ルークス autech、ライフケアビークルもご紹介しています。 新型ルークスの価格は、38kW(52ps)の自然吸気エンジンを搭載する前輪駆動モデル「S」の141万5700円から、もっともパワフルな「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(4WD)」の206万6900円まで。 文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.) 走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0) 日産が販売する、「デイズ ハイウェイスター」と「デイズルークス ハイウェイスター」。この2車種はどのような車なのかを詳しく掘り下げ、人気グレードのgターボとxの違いやターボ機能について解説。新車購入時の値引きや中古車価格についても調査しました。 価格:193万2700円/テスト車=238万2657円 エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ ハイウェイスターxよりもインテリア面で特別装備となっているv 【画像ギャラリー】先進装備も充実! 日産 新型ルークスの実力をギャラリーでチェック!!! トランスミッション:CVT モーター最高出力:2.7PS(2.0kW)/1200rpm 日産 ルークス [2020年モデル] ハイウェイスター g ターボ プロパイロットエディションの中古車情報。こだわり条件での詳しい検索も簡単。複数の中古車サイトへの問合せ・見積り依頼も無料。今すぐ希望の条件で中古車を探そう。 日産&三菱の“今年の軽”は何がそんなに良いのか, ド迫力!! 日産 ルークス ハイウェイスター Gターボプロパイロットエディションの中古車情報・中古車検索。49万台以上の物件から、日産 ルークス ハイウェイスター Gターボプロパイロットエディションの中古車がすぐに探せます。無料で電話問い合わせも可能。 2020.04.10 試乗 【試乗動画】2020 新型 日産 ルークス ハイウェイスターg ターボ プロパイロットエディション 4wd 高速試乗 日産a店の3回目の交渉でデイズハイウェイスターgターボを契約 日産A店において、3度目となるデイズの値引き交渉を行う。 色々調べて、フルモデルチェンジ後は値引き額が拡大しないことがわかり、今回で契約するつもりでいる。 日産 デイズルークス [2014年モデル] ハイウェイスターx ターボ 4wdの中古車情報。こだわり条件での詳しい検索も簡単。複数の中古車サイトへの問合せ・見積り依頼も無料。今すぐ希望の条件で中古車を探 … 日産 デイズルークス 660 ハイウェイスター Gターボ 4WD 車カタログでお気に入りのグレードがきっと見つかる。日産 デイズルークス 660 ハイウェイスター Gターボ 4WDに関するスペックやクチコミ情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセンサーnet」! 最近の日産は新型車が乏しい。その意味で注目されるのがルークスだ。2019年3月に発売された全高が1700mmを超える軽自動車で、後席側のドアはスライド式になる。以前のデイズルークスが一新されて「ルークス」になった。, ルークスには標準ボディとエアロパーツを備えたハイウェイスターがあり、後者ではターボも選べる。今回はハイウェイスターXプロパイロットエディション(184万3600円)と、同じくハイウェイスターのGターボプロパイロットエディション(193万2700円)を試乗した。. x vセレクションの魅力、選んでいる人はこんな人. テスト開始時の走行距離:1972km エンジン最高出力:64PS(47kW)/5600rpm テスト距離:215.8km わかっちゃいるけど、それでも接するたびにビックリするのが、「軽スーパーハイトワゴン」の室内の広さである。「日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(2WD)」のスライドドアを開けたとたん、思わず「オオッ」と声が出た。余裕ある後席スペースもさることながら、天井の高さにあきれる。資料によると「後席の室内高は1400mmと、小さなお子さまであれば、立ったまま着替えることも可能です」とのこと。さもありなん。, 自分の子供が活発に活動するようになって、あちらこちらと連れて行く羽目になって内心うれしい親御さんなどは、「野球やサッカー、キャンプに釣り、はたまた海水浴やスキーに行くたびに、ちゃっちゃと着替えや準備を済ませられますよ」なんて販売店のセールスパーソンに言われたら、思わず財布のひもを緩めてしまいそうだ。, ……と考えていたら、背後から「こういうクルマ、欲しいんですよ!」と『webCG』エディターの声。最近、子宝に恵まれたばかりのSさんだ。「本気か、冗談か?」と振り返ると、至って真剣な表情で「これ、いいなぁ」と言いながら車内を観察している。, ためしに320mmものスライド量を誇るリアシートに座ってみると、意外に座面が高い。ルークスのベースにあたる「日産デイズ」では、後席クッションの位置をあえて低めに抑えて小さな子供でも座りやすいように配慮されたが、一方、ありあまる室内高を持つルークスでは、チャイルドシートを取り付けやすいよう高めに設定された。スライドドアの開口部の幅が650mmと大きく取られたのも、思いのほかかさばるチャイルドシートの出し入れを考慮したものだろう。, この手のクルマに乗ると、ついリアシートを一番後ろまでスライドさせて、「うーむ、広い!」と居住性のよさを満喫しがちだが、実際に子供を連れての移動では、チャイルドシートを付けた後席を前方に動かして、前席との距離を縮めた使い方が多いという。運転席にいても、ちょっと振り返れば子供のケアができるからだ。「それはどうなんですかねぇ?」と新米パパはいまひとつ納得していない様子だが、親子でドライブするようになったら、また違った発見があるかもしれない。報告を待ちたい。, 日産ルークスは、デイズ同様、日産と三菱が共同出資したNMKVがマネジメントした軽自動車。今回から日産主導で企画・開発が進められた。スリーダイヤモンドの姉妹車は「eKスペース」だが、むしろ「『ホンダN-BOX』がガチなライバル」と言った方がわかりやすいかもしれない。三菱にはeKスペースの“ヤンチャ版”として、人を脅す鬼面を備えた「eKクロス スペース」がラインナップするが、ルークスではターボエンジンを積む今回の試乗車、ハイウェイスターGターボがその役割を果たす。, 厳しい寸法制限を受けながら、前輪の位置を旧型より65mm前方に押し出すことで、室内空間をさらに拡大。軽自動車の、後輪の後ろに薄いバンパーしかない姿はすっかり見慣れたが、ルークスの場合は、前輪の前にも薄いバンパーしかなくて、タイヤは文字通り四隅に追いやられたカタチだ。ホイールベースは2495mm。, 前後席とも着座位置を上げて、足元の余裕を増している。運転席に座ると、ダッシュボードの低さもあって、パッと開けた前方視界が印象的だ。フロントスクリーン左右端とサイドウィンドウの間には、はめ殺しの三角窓ならぬ細長い台形窓が設けられる。Aピラー前の支柱をなくして、フロントスクリーンをグルリと左右にまわり込む形状にしたら「未来的でカッコいいのになァ」と夢想するが、さすがに無理か。, 今回のGターボ プロパイロットエディションは、最上級モデルだけに装備満載。高性能&高機能のクルーズコントロールたる「プロパイロット」をはじめ、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱防止といった各種運転アシスト、自車をあたかも俯瞰(ふかん)で見ているかのように液晶画面に表示するアラウンドビューモニター、そして専門のオペレーターとつながるSOSコールなどを標準で備える。, 驚いたのが、「プレミアムグラデーションインテリア+快適パックA」と呼ばれるセットオプション(7万1500円)に設定される人工皮革で、当初、「ついに“本革仕様の軽”が登場か! ちなみに、両車の車両本体価格は、ルークス・ハイウェイスターターボが159万6000円で、パレットSW TSが155万9250円と、ルークスのほうが3万6750円高い。 この2台を取っかえ引っかえ乗り比べてみたが、結論としてはまったく同じ乗り味だった。� デイズルークス(660 ハイウェイスター gターボ)のカタログ情報。新車時価格175.5万円(税込)、基本スペック、装備など様々な情報をご紹介。デイズルークス(660 ハイウェイスター gターボ)のカタログ情報ならカーセンサーラボ! ルークスで唯一設定されたターボグレードがハイウェイスターの gターボ 。 ターボエンジンによる軽快な走り が魅力であり、プロパイロットも標準装備される。 この日産ルークスハイウェイスターgターボの目標値引き価格は以下のとおりだ。 ベンツE200&300 ビッグマイチェンの進化を試す, なぜ流行りのハスラー&タフトじゃない!? これがメルセデスの新戦略車!! 日産ルークス(roox)の公式サイト。カタログ情報をはじめ、試乗車の検索や予約、見積りシミュレーション、カタログ請求などをご用意しております。「新しい日本の新しい軽。」をキャッチフレーズに、すべてを進化させて誕生した、新型日産ルークスをご紹介します。 ハイウェイスター ターボ(2WD) 燃料消費率 22.0km/L (国土交通省審査値) 詳細を見る. 日産 デイズルークスのオーナーから集まった8326件の給油情報から、実燃費・平均燃費を算出しました。デイズルークスの燃費に関する口コミや実燃費を元に、燃費向上や車選びの参考にしてみましょう。 ?」と勘違いさせられました。質感がスゴイ。照れ隠しにケチを付けると、ベースのままの樹脂部分との落差が大きくなるのが今後の課題ですね。, 快適パックAには、後席用のテーブルやカップホルダーの増設に加え、いまどきの子供は片時も携帯やゲーム機を手放さないのを反映してか、助手席背面にUSBソケットが用意される。天井に設置されるシーリングファンはエアコンの利きを効率化させるだけでなく、昨今では、ウイルスの感染を抑制する効果も期待されるのでは? 祈 疫病退散。, 動力系は、659cc直列3気筒ターボ(最高出力64PS、最大トルク100N・m)に、リチウムイオン電池を用いたいわゆるマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたもの。トランスミッションのCVTはデイズと同じモノだが、最終減速比を落として、100kgほどの重量増に対応している。, ステアリングホイールを握って走り始めれば、ターボらしいトルクの厚さ、出足の力強さが安心感につながる。1000kgの車重に十分なアウトプットで、パートナーや子供たちを乗せてドライブしても、非力でイライラするといったことはないだろう。, ただ、「リッターカーを凌駕(りょうが)した!」と確信させたデイズの素晴らしいドライブフィールと比較すると、特に乗り心地の面であまり感心しなかった。高く、重くなったボディーを支えるため足まわりのセッティングは硬めになっていて、路面が荒れた場所では時に左右に揺すられる。, ことに気になるのが後席に座った場合で、いい気になってシートを下げて足を伸ばしていると、後輪からの突き上げが直接的にお尻に伝わって不快な思いをする。小さな子供を乗せるときには、手が届きやすいと同時に多少なりともシートを前後の車軸間の中央に寄せるため、シートを前に出したほうがいいかもしれない。購入を検討する際の試乗では、走行中に、できれば大人だけでなく、子供にも携帯を眺めたりゲームをしながら後席に座ってもらうことをオススメします。, 日本市場で特異な発達を見せる軽のスーパーハイトワゴン。3列シートのミニバンを買うまでもないし経済面でも節約したいけれど、限られたスペースはできるだけ活用したい。そんな切実な思いが詰まったクルマは、また、ニッポンの子育て世代の現状をストレートに反映させている。能天気なクルマ好きとしては、「どこかいびつな気がする」などと社会派ぶった懸念を抱くが、そんな段階はとっくに過ぎているのだろう。, ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1780mm 日産・デイズルークス(2代目) b21a(ba0)型; 2016年12月改良型 x. 駆動方式:FF 燃費:18.8km/リッター(WLTCモード) そして日産向けのルークスにはこのcvtが初めて採用された。なお、パレットには用意されていた4 速 ... エンジンは全車直列3気筒のk6a型を搭載するが、「ハイウェイスター ターボ 」には同じエンジンのインタークーラー ターボ仕様が搭載される。 ラインアップ. プラド新情報入手 ランクル300にGRやHVも! 名門サファリ後継の大型SUVがビッグマイチェン! 日産 新型アルマーダ 世界初公開!! グレード情報:ハイウェイスターg ターボ プロパイロットエディション_4wd(cvt_0.66) [2020年] 日産 ルークスの燃費の口コミをもっと見る 日産 ルークスのボディタイプ別ランキング 最低価格は約164万円、最高価格は約177万円となっていますね。 グレード間の価格差は最大でも13万円程度しか無く、ターボ車やGパッケージなど、グレード設定が5つあるにしては、価格差が小さいです。 これは、ターボ車と通常エンジン車の間には、装備の違いなどはないのではないかと、考えさせられますね。それが真実かどうかを、これから確かめてみましょう。 ルークス(日産)の中古車を2,314台掲載中。ルークスの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。ルークスの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。 特別な旅もプレゼント!わずか18台の限定車「アストンマーティンDBXボウモアエディション」とは!? 日産が販売する、「デイズ ハイウェイスター」と「デイズルークス ハイウェイスター」。この2車種はどのような車なのかを詳しく掘り下げ、人気グレードのgターボとxの違いやターボ機能について解説。新車購入時の値引きや中古車価格についても調査しました。 ※本稿は2020年4月のものです文:渡辺陽一郎/撮影:平野 陽初出:『ベストカー』 2020年5月26日号, 車内に入ると上質な内装に気づく。インパネの中央にはタッチパネル式オートエアコンが装着され、光沢のある黒いパネルも備わる。, オプションのプレミアムグラデーションインテリア(6万6000円)を注文すると、インパネに柔らかなパッドと合成皮革が加わり、本物のステッチも入る。この質感はコンパクトカーを超えてミドルサイズセダン並みだ。, 運転席は、背もたれの高さと座面の長さを充分に確保している。体重が加わる部分をしっかりと作り込んで座り心地がよく、シート生地が滑りにくいからホールド性も満足できる。, 気になったのは運転席の上下調節機能だ。背もたれが固定されて座面だけが上下に動くため、着座位置によって座り心地が変わる。シート全体が動く方式が好ましい。, 後席は大腿部と接する座面が短く、座り心地は硬めで違和感が伴う。小柄な人に配慮して座面を短く抑えるなら、前端をもう少し柔らかく仕上げたい。, 後席の頭上と足元の空間は充分に広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の頭上空間は握りコブシ2つ分だ。スライド位置を後端にすると膝先には握りコブシが4つ収まる。この余裕はセンチュリーの3つ半を上まわる。, ただしこの状態では、後席に座る人の頭部とリアウィンドウが接近して、追突された時の不安がある。したがって後席に座った時は、膝先空間を握りコブシ2つ分に調節したい。そうすれば頭部とリアウィンドウの間に相応の空間が生まれ、後席の後ろに手荷物も積める。, なおルークスの後席は、前後に320mmスライドする。後席にチャイルドシートを装着した時には、前側に寄せると、運転席の親との間隔が縮まる。信号待ちの時などに子どもの世話をしやすい。, 後席の背もたれを前方に倒すと、座面も連動して下がり、大容量の荷室に変更できる。この時の荷室の床は傾斜が生じるが、自転車のような大きな荷物も積みやすい。, 運転感覚では、狭い裏道や駐車場での扱いやすさに注目したい。フロントウィンドウの角度を立てて、サイドウィンドウの下端は低めだから、斜め前方や側方の視界がいい。, 後方はボディ後端のピラーが少し太いが、見にくく感じることはない。最小回転半径は14インチタイヤ装着車が4.5m、15インチタイヤのターボ車でも4.8mだから小回り性能もいい。, 動力性能は、2WDでも車両重量が900kgを超えるため、ノーマルエンジンは少しパワー不足だ。, ただしルークスのエンジンは、実用回転域のトルクに重点を置いたから運転しやすい。ノイズも抑えられ、音質もマイルドだから耳障りには感じない。, ターボエンジンは動力性能が大幅に高くなる。実際の加速に影響する最大トルクは、ノーマルエンジンが6.1kgm(3600回転)、ターボは1.7倍の10.2kgm(2400~4000回転)だ。, エンジン回転の上昇に伴って駆動力が強まるターボのクセを少し感じるが、最大トルクは1Lエンジン並みだから、高速道路や峠道の登坂路を走る時には余裕がある。, WLTCモード燃費は、ノーマルエンジンが20.8km/L、ターボは18.8km/Lだ。ターボはNAより動力性能が大幅に高くなるわりに、燃費数値は10%しか悪化しない。, 走行安定性は、背の高い軽自動車では優れた部類に入る。操舵に対する反応の仕方が正確で、ボディが唐突に傾く不安感を抑えた。高速道路では、路面のウネリを乗り越えたあとの収まりがいい。, 峠道では、背が高いわりにアンダーステアになりにくく、いろいろな場面で安心して運転できる。, その代わり乗り心地は硬めだ。特に15インチタイヤのハイウェイスターGターボプロパイロットエディションは、路上のデコボコを通過した時の突き上げ感が気になる。, 装備では衝突被害軽減ブレーキに注目したい。デイズのセンサーは単眼カメラのみだが、ルークスはミリ波レーダーも加えた。, 2台先を走る車両まで検知して、危険が生じると早い段階でドライバーに注意を促す。玉突き追突事故の加害者になるリスクも抑えた。, 車線逸脱時には、警報だけでなく、ブレーキを自動的に作動させて元の車線に戻す制御を行う。, ハイビームで走行中に対向車や先行車を検知した時、ハイビーム状態を保ちながら、24灯のLEDを切り替えて相手車両の眩惑を抑える機能も採用した。, 運転支援機能のプロパイロットも用意され、先行車との車間距離を自動制御できる全車速追従型クルーズコントロールが備わる。, 追従停車後の時間が長引いた時は、自動的に電動パーキングブレーキに切り替えて停車を続けられる。, 車線の中央を走れるようにパワーステアリングを制御する機能も備わり、プロパイロットはセレナに比べて作動が正確になった。, このようにルークスの特徴は、内装が上質で、ノーマルエンジンの静粛性も優れ、安全装備と運転支援機能が先進的なことだ。設計の新しさを実感できる。, ●先進の安全装備&運転支援システムが充実!・プロパイロット・インテリジェントエマージェンシーブレーキ・前方衝突予測警報・アダプティブLEDヘッドライトシステム・標識検知機能・先行車発進お知らせ・車線逸脱防止システム・ふらつき警報・インテリジェントアラウンドビューモニター・踏み間違い衝突防止アシスト, 車内の広々感はN-BOXが上まわり、内装の質感はルークスが少し高い。前席の座り心地は同等だ。後席はN-BOXの足元空間が少し広いが、座り心地は同等といえる。ルークスは座面が短く、N-BOXは柔軟性が乏しい。, 動力性能は同等で、ノーマルエンジンの静粛性はルークスが優れるが、総合的なノイズはN-BOXのほうが小さい。走行安定性は、ルークスがボディの傾き方を抑えて安心感を高めた。乗り心地は、ルークスが硬さを意識させてN-BOXが快適だ。, 衝突被害軽減ブレーキは、両車ともに充実している。ルークスは2台先の車両を検知できて、N-BOXは歩行者、自動車、自転車にも対応した。, 運転支援機能はルークスが勝る。車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、ルークスでは停車状態まで制御を続けるが、N-BOXでは追従速度が時速25km未満に下がるとキャンセルされてしまう。, ルークスの姉妹車として、三菱eKスペース&eKクロススペースがある。基本的には同じクルマだが、eKシリーズには、ルークスと違ってSOSコールの機能が採用されない。またターボエンジンは、ルークスではハイウェイスターのみが搭載するが、eKシリーズでは標準ボディのeKスペースTも設定されている。, ■ルークス ハイウエイスターXプロパイロットエディション 2WD主要諸元・全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm・ホイールベース:2495mm・車両重量:970kg・エンジン:直3DOHC・排気量:659cc・最高出力:52ps/6400rpm・最大トルク:6.1kgm/3600rpm・ミッション:CVT・サスペンション 前/後:ストラット/トーションビーム・WLTCモード燃費:20.8km/L・価格:184万3600円, 最激戦区に挑む最強名門輸入車 ベンツGLA&アウディQ3 真の実力と国産ライバルたち. ルークス - 日産 ハイウェイスター ターボの中古車。年式:2013年、地域:愛媛県、走行:8.0万km、排気量:660cc、価格:本体86.5万円(消費税込,リ済別) 総額万円、販売店:ガリバー新居浜インター店(株)IDOM(愛媛県新居浜市船木甲4561)。中古車情報はすべてGoo-netから提供されているので安心。 カーエンスージアストのためのアイテムを厳選して紹介する『CG』との共同企画「Gear Up!」公開。, 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】. オプション装備:特別塗装色<アメジストパープル×フローズンバニラパール>(7万1500円)/プレミアムグラデーションインテリア+快適パックA<プラズマクラスター搭載リアシーリングファン、後席パーソナルテーブル、カップホルダー、助手席シートバック部のUSBソケット、リアロールサンシェード、はっ水加工シート>(6万6000円) ※以下、販売店オプション ナビレコパック+ETC 2.0+USBソケット(28万0612円)/ウィンドウはっ水12カ月<フロントウィンドウ、フロントドアガラス>(1万0285円)/フロアカーペット エクセレント<消臭機能付き>(2万1560円), テスト車の年式:2020年型 日産 CREE社製 T16 58連 爆光 LED バックランプ ホワイト 純正交換type P-603 リーフ ルークス ルークス ハイウェイスター ターボ 即決 2,500円 ウォッチ 日産が販売する、「デイズ ハイウェイスター」と「デイズルークス ハイウェイスター」。この2車種はどのような車なのかを詳しく掘り下げ、人気グレードのgターボとxの違いやターボ機能について解説。新車購入時の値引きや中古車価格についても調査しました。 今回はハイウェイスターxプロパイロットエディション(184万3600円)と、同じくハイウェイスターのgターボプロパイロットエディション(193万2700円)を試乗した。 【画像ギャラリー】先進装備も充実! 日産 新型ルークスの実力をギャラリーでチェック!! 使用燃料:17.8リッター(レギュラーガソリン) ホイールベース:2495mm グレード情報:ハイウェイスターg ターボ プロパイロットエディション_4wd(cvt_0.66) [2020年] 日産 ルークスの燃費の口コミをもっと見る 日産 ルークスのボディタイプ別ランキング 1位:デイズルークス ハイウェイスターxターボ. 2020.04.10 試乗 【試乗動画】2020 新型 日産 ルークス ハイウェイスターg ターボ プロパイロットエディション 4wd 高速試乗 日産 デイズルークス 660 ハイウェイスター Gターボ(年式:18(H30) 距離:2.1万km 価格:129.8万円 地域:愛知県 カラー:真珠白)の中古車情報詳細ページです。 メーカー純血チューニング車の艶姿と真価. Copyright webCG Inc. All rights reserved. 日産 デイズルークス 660 ハイウェイスター Xターボの中古車情報。 中古車検索なら日本最大級の中古車情報サイトグーネット中古車(Goo-net)! 車名:日産 ルークス ハイウェイスター ターボ 型式:DBA-ML21S 車検: 走行距離:108,000km(実走行) 修復歴:有り モーター:交流同期電動機 エンジン最大トルク:100N・m(10.2kgf・m)/2400-4000rpm 「日産ルークス ハイウェイスターgターボ プロパイロットエディション(2wd)」のスライドドアを開けたとたん、思わず「オオッ」と声が出た。余裕ある後席スペースもさることながら、天井の高さにあ … デイズルークスで一番おすすめのグレードはハイウェイスターxターボです。 おすすめする一番の理由は、ターボエンジンの価格の安さです。 デイズルークスハイウェイスターxターボ:167万円 新型ルークスの価格は、38kW(52ps)の自然吸気エンジンを搭載する前輪駆動モデル「S」の141万5700円から、もっともパワフルな「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(4WD)」の206万6900円まで。 文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.) 日産 ルークス ハイウェイスター 100%新車館では、安心の「お支払総額」を表示!! !

悲しくてやりきれない 歌詞 意味, イオン 株主優待券 100円, イオン琉球 クリスマスケーキ 2020, 今日から俺は映画 いつまで やっ てる, 下北沢 ドラマ 舞台, 宮部みゆき 模倣犯 ネタバレ, ウォーキングデッド ベス かわいい, 神戸大学 オープン 模試 2021, リョービ バッテリー 修理, 堺 市 事業 所 統計, 新宿 鬼滅の刃 映画館,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です